マルハンが入社予定者58名を対象に、オンライン内定式

マルハンが入社予定者58名を対象に、オンライン内定式 eyecatch-image

マルハンは10月6日、2021年度入社予定者58名(男性:33名、女性:25名)のオンライン内定式を開催。同社では例年、首都圏で内定式を開催していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止とスマートワーク推進のため、本年度はウェブ会議システム使用による初のオンライン開催とした。

内定式では、東京本社から韓裕代表取締役社長による祝辞と、内定者代表の亀田健人さんによる決意表明がライブ中継され、その後、リモートで参加する内定者一人ひとりがカメラに向かって決意表明を行った。

韓社長は「4月までの半年を入社に向けた準備期間として有意義に過ごして欲しい。将来どんな人になりたいのか、マルハンをどんな会社にしていきたいのか、どう世の中に貢献していきたいのかなどを考え、夢を描く時間にして欲しい。夢をエネルギーに変え、挑戦することが、ドリームチャレンジャーとしての第一歩。ともにチャレンジできることを楽しみにしている」と語った。

式の終了後は、韓社長を交えたオンライン座談会を開催。社長への質問コーナーでは、「社長の原動力は?」「創業100周年にマルハンはどうなっていると思いますか?」といった社長の仕事論や会社のことから、「休日は何していますか」「年収はいくらですか」といったプライベートなものまで、多くの質問が投げかけられた。その後、より小規模なグループの座談会で、内定者と先輩社員が交流を深めた。

決意表明を書いた色紙を掲げる内定者たち。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る