日遊協が受動喫煙対策とベンチマーク制度のセミナー

日遊協が受動喫煙対策とベンチマーク制度のセミナー eyecatch-image

 日遊協は6月25日、都内でホール5団体の関係者などを対象にした「受動喫煙防止対策・ベンチマーク制度セミナー」を開催。設備機器関連事業者を中心に161名が参加した。

 セミナーは3部構成で行われ、はじめに受動喫煙防止対策について、日本たばこ産業㈱の永沼舞華氏が登壇。日遊協発行の「パチンコホール分煙環境整備マニュアル」をもとにホールの分煙環境に必要な条件、様々な分煙事例を紹介。施工から届け出に至るまでの手順を解説した。

 第2部では㈱のぞみ総研の日野孝次朗氏が、警察庁が今年3月に通知した「改正健康増進法の施行に伴う喫煙専用室等の設置に係る構造及び設備の変更の取扱いについて」を解説。承認が必要な3つのケースとして①大規模の修繕、模様替えに該当する変更②客室の位置、数または床面積の変更③壁、ふすまその他営業所の内部を仕切るための設備の変更を挙げ、客室の範囲や客室内の見通しを妨げない設備など注意したい点について説明した。

 第3部では㈱アイ・グリッド・ソリューションズの佐藤良氏が、省エネ法におけるベンチマーク制度とは何かをわかりやすく解説。ホールが対象となるケースとベンチマークの計算方法を紹介した。また、ホールが活用できる補助金は約3,000種類、助成金は約70種類あると述べ、補助金を受けるためには、どのような事業展開をするか、設備投資をするのか、逆算して調べることが重要と述べた。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る