豊丸、「P華牌R 猿渡翔がローズテイルにやってきた」を発表

 豊丸は8月30日、都内台東区のトーセイホテルココネ上野にて、新機種「P華牌R 猿渡翔がローズテイルにやってきた」のプレス向け説明会を開催した。
 本機は、同社最強の萌えパチンコ「ローズテイル」と主人公・猿渡翔でお馴染みの人気麻雀パチンコ「華牌」による衝撃のコラボ機。1個賞球の新内規に対応した遊moreコレクションシリーズ第4弾で、大当り確率は129.8分の1(設定①)〜106.9分の1(設定⑥)、確変突入率80%の転落抽選タイプ(転落率70.0分の1)となっている。
 注目はMリーガーも在籍する競技麻雀のプロ団体「麻将連合」が監修した「リアル麻雀エンジン」。本機能により、手牌進行や打牌の応酬、和了翻数に応じた大当りラウンドなど麻雀ファンも納得の本格麻雀バトルを実現。さらに転落抽選タイプならではのゲーム性が加わり、右打ち中は麻雀さながらのドキドキ感が楽しめる。また、豊富なカスタマイズ機能を搭載し、対局相手や演出モード、中国語への言語切り替えも可能だ。
 大当り後は必ず右打ち「華牌道」(確変or通常)に突入。同モード中はプレイヤーが親となり大当りすれば専用の「親アタッカー」を開放。出玉1.5倍アップという「親システム」も大きな特徴となっている。
 本機は今年2月、ベルサール秋葉原で開催された「みんなのパチンコフェス」の試打コーナーに設置され、「華牌が豊丸から復活する」とファンの間で大きな話題となり、ツイッターなどのSNSを賑わせた。
 なお、導入開始は11月5日を予定している。

 

(提供:日刊遊技情報)

この記事を共有

いいね!する

0

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列