今回はサーブ特訓編!熱血!ピンポン道場の収録現場に潜入!!【番組収録】

みなさんこんにちは!ななプレス編集部のしばさきです!

今回の記事はジャンバリ.TV NEXTで絶賛配信中の「熱血!ピンポン道場」の収録について書かせていただきます!

卓球名人をゲストでお招きしたり、街ロケを行い、対戦相手を探すなど、最近色んなことに挑戦しているピンポン道場!!

今回は何が用意されているのかワクワクしながら取材に行って参りました。

それでは早速収録現場を見ていきましょう!!

 


 

 

収録準備へ!

 

 

 

 収録が行われたのは9月上旬のまだまだ暑い日の午後。

今回は着替えを終え、待機中のところからお2人を取材させて頂きました。

カメラを向けるとわざわざ覆面を被ってくれる神対応のピンポン・ザ・グレートさん。

これまでピンポン道場であった数々の思い出について語って頂きました(´-`*)

この時のインタビューの様子は、JANBARI.TV公式Twitter・LINE@で配信予定ですので、

こちらもぜひチェックしてくださいね!!

 

 

リハーサルへ!

 

 

 

 着替えが終わった後はすぐにリハーサルへ。

まずは音声とカメラ位置を現場のスタッフと一緒に確認していきましたよ。

本番中は楽しそうな声や気合いの入ったセリフが飛び交うピンポン道場ですが、

リハーサルは比較的静かで、問題も無くスムーズに進んで行きました。

 

 

 

 音声・カメラチェックの後は番組内容の確認を行いました。

今回の準備物はラケットとボールのみで、現場のセッティングも素早く完了しました。

色んなものを使って卓球をしてみたり、挑戦者とダブルスをしたりする回とは異なり、

今回はシンプルに卓球の特訓を行うようでした。

 

 

収録開始!

 

 

 

 

 

 リハーサルが終わり、休憩は無くそのまま本番へ。

いつも通り、まずは2人並んでオープニング撮影に。

冒頭から元気よく切り出す、ピンポン・ザ・グレートさん。

最近少し太って来たようで、マスクのサイズ感に違和感が出て来たよう・・・!?

最後は恒例の決めポーズを取ってオープニング撮影は終了。

 

 

 

 

 

 

 オープニング撮影が終わると、そのまま今回の企画である「サーブ」の特訓へ。

今まで卓球の基礎やラリーが中心でしたが、ここにきてようやくサーブの練習を行うとのこと。

しかも、今回は試合でも使える「下回転サーブ」を特訓するようで、

まずは持ち方や打ち方など、細かい部分をピンポン・ザ・グレートさんが虹さんに解説されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンポン・ザ・グレートさんがまずはお手本を見せ、その後に虹さんも挑戦。

最初はネットを越えられなかったり、向こう側までボールが入っても回転がかかっていなかったりなど、

なかなか上手くコツが掴めないようでした。

原理が分かっていても、実際にやってみるとなかなか思うよういかないようでしたが、

めげずに打ち続け、少しずつボールの距離も伸び、回転もかかっていくように。

 

 

 

 箱の中のボールが無くなるまで何度も何度も打ち続け、

ようやく少しコツを掴んで来たところで、時間が来たため下回転サーブの練習はここまで。

最初はどうなることかと心配する場面もありましたが、

2人で根気強く練習し続け、後半では虹さんのサーブ姿はサマになってきましたよ。

そしてエンディングでも恒例のポーズを決め、終了!

 

 

潜入終了!

 

 

 今回ご紹介させて頂いた「熱血!ピンポン道場」はいかがでしたか?

ゲストとの試合回や街ロケに行った回と比べ、シンプルな内容となっていましたが、

ピンポン・ザ・グレートさんのサーブの解説は分かりやすく、お手本も見ることができるので、

卓球特訓動画としては内容の濃いものになっていたと思います。

これから卓球を本格的に始めてみたい方やサーブが苦手な方にはぜひ一度見て頂きたいですね。

そして、虹さんのサーブの特訓成果もぜひチェックしてください!

配信をお楽しみに★

 

 

 さらに今回はアノ人がスペシャルゲストとして収録に・・・!?

スペシャルゲストが活躍する回もぜひぜひお楽しみに。

 

 

■ジャンバリ.TV公式Twitter・LINE@限定のオフショットもしくはショートムービーを配信しています。

 

ジャンバリ公式LINE@ID・・・@janbari.tv

友だち追加 

 

是非チェックしてみて下さいね♪  

 


 

 

 

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列