東商流が通常総会、堀井理事長を再任3期目へ

東商流が通常総会、堀井理事長を再任3期目へ eyecatch-image


都内のパチンコホールに金賞品を提供する問屋組合の東京商業流通組合(堀井努理事長)は10月26日、第31回通常総会を開催した。今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から、本人出席は理事及び監事のみとし、組合員は書面議決による出席とした。

総会にあたり堀井理事長は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う遊技場の休業や、金地金価格の高騰による金賞品の相次ぐ値上げなど、これまでにない対応を求められた今期を振り返り、「当組合としても、こうした厳しい環境を踏まえて、金賞品流通システムの維持費の削減に向けて、集荷場の適正配置や金賞品の在り方等、幅広い検討を考えていく」と挨拶した。

議事では、令和元年度の事業報告、及び決算報告、令和2年度の事業計画、及び収支予算等について、いずれも原案通り可決した。

任期満了に伴う役員選任では堀井理事長を再任した。3期目となる堀井理事長は、『雨垂れ岩を穿つ』の故事を引用し、「我々一社一社が、その一滴一滴だ。みんなで力を合わせなければ、予想もつかないこの先を乗り越えていけない。また、一滴一滴が一つになれば大河にもなり、大きな困難をも押し流せる力を持つことができる」と述べ、組合員の力が一つになるよう協力を求めた。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る