「就労観の違いを感じる」と94.7%が回答

 エンタテインメントビジネス総合研究所はこの度、就労観(仕事に関する意識)の多様化とトラブルに関するアンケートの調査結果を公表した。

 アンケートは7月24日~7月31日にかけて、パチンコホールの従業者を対象に実施し、計171票の回答を得た。

 「職場の上長や部下、同僚、パート・アルバイトなどと就労観の相違を感じたことはありますか?」という問いについては、94.7%が「感じたことがある」と回答。相違を感じた対象者は「部下」が最も多い結果となった(72.8%)。

 また就労観の違いに伴うトラブルの内容では、最も多い回答が「パワハラ」(70.1%)で、以下「モラハラ」)(33.8%)、「セクハラ」(27.3%)と続いた。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列