ニューギンが「あそびにユトリ」第3弾を発表

 ニューギンは、「あそびにユトリ」プロジェクトの第3弾として、11月1日から、新しいWebムービー「わたしの街のパチンコホール〜みんながホールに来る理由〜」篇を公開した。

 ムービーについて同社は、「ホールはただパチンコを打つだけの場所でなく、その場所で出会うスタッフとお客様同士でわいわい遊ぶ『連れパチ』というスタイルがあるなど、気軽に行けるアットホームな場所であるというイメージで描いた。ホールは人とのコミュニケーションが生まれる場所であるということを伝え、依存問題などの啓蒙へつながるようなヒューマンドキュメント風の動画に仕立てた」としている。

 ニューギンの「あそびにユトリプロジェクト」は、パチンコファンが減少している中で、パチンコ本来の楽しさを伝え、ファンを増やしていくとともに、メッセージを発信していくプロジェクト。パチンコをもっと「ユトリのあるあそび」として楽しんでほしという願いを込めている。

 これまでに、パチンコ店でのマナーを啓蒙する「パチンコモテしぐさ」、「パチンコモテしぐさ第2弾〜天国と地獄〜」を発表している。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列