『パチスロ北斗の拳 宿命』、6.1号機出玉スペックで適合

『パチスロ北斗の拳 宿命』、6.1号機出玉スペックで適合 eyecatch-image

サミーは11月16日、新台『パチスロ北斗の拳 宿命』(タイヨーエレック製)が、保通協の型式試験に適合したことを公表した。

リリースによると、同機は「6.1号機出玉スペックで適合し、新登場」するという。同社では同機に関する詳細について追って展開していくとした。

6.1号機は、自主規制の見直しを行ったパチスロ機の区分の1つで、昨年末に制定された。主な内容は、従前の機種では認められていなかった「ペナルティ規制の緩和」「スタートレバー、ボタン等を使用した演出の緩和」「ビデオリール演出の緩和」が認められた点となる。

このうち、「ペナルティ規制の緩和」については、ATタイプのベースを抑えることが主目的となり、現状の6号機と比較して、50枚当たり5~10Gほどベースを下げることができると言われている。

©武論尊・原哲夫/コアミックス 1983,
©COAMIX2007 版権許諾証YRG-121
©Sammy

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る