ダイナムグループが、緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練に用地を提供

ダイナムグループが、緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練に用地を提供 eyecatch-image

ダイナムジャパンホールディングス(坂本誠取締役会議長兼代表執行役)のグループ会社であるダイナムビジネスサポートは、11月14日に開催された消防庁の緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練(中国・四国ブロック合同訓練)に、同社が所有するグループの研修施設である「マリンピア豊浦ダイナム研修所」を訓練用地として提供した。

緊急消防援助隊とは、大規模災害など被災地の消防機関だけでは対応できない場合に、全国の消防機関が都道府県単位で部隊を編成して、迅速に被災地で救助活動を行う消防応援制度。その技術および連携活動能力の向上を目的に行うのが緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練で、全国を6ブロックに区分して1996年度から毎年実施している。

ダイナムビジネスサポートがマリンピア豊浦ダイナム研修所を提供したのは中国・四国ブロックの合同訓練に対してで、訓練は山口県で豪雨および大規模地震が発生したという想定のもとで行われた。

ダイナムビジネスサポートの主事業は不動産管理、給与計算・会計関連の受託業務。マリンピア豊浦ダイナム研修所は2004年に開設された施設で、総敷地面積13万坪、総床面積2420坪、収容人員274人。ダイナムジャパンホールディングスの国内に2ヵ所ある大規模研修施設の一つで従業員教育のほか、従業員とその家族の保養施設として利用している。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る