全商協、子どもの虐待死を悼む市民集会に参加

 全商協および地区遊商は11月10日、都内銀座の銀座ブロッサムで開催された「第17回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」に参加。林和宏会長、社会貢献委員会のメンバー、一般の参加者を含め総勢約500名が参加した。主催はNPO法人児童虐待防止全国ネットワーク(吉田恒雄理事長)。

 第1部では2018年の1年間に虐待などで命を奪われた40名の子どもたちの名前と、虐待死に至った状況が報告され、参加者全員で子どもたちの冥福を祈り黙祷を捧げた。その後、サックス奏者の小林洋平氏とオーケストラによる演奏が行われた。

 第2部では女優でタレントのサヘルローズ氏が「出会いこそ、生きる力」と題して講演。自分自身の体験を基に、イランと日本での生活状況が語られ、「周りの人たちに助けられ、今がある。もし周りにいつもと違う様子の人がいた時は是非、声を掛けてあげてほしい」と支援を訴えた。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列