ダイナムJH中間決算、遊技機購入費が増加

ダイナムJH中間決算、遊技機購入費が増加 eyecatch-image

 ダイナムジャパンホールディングスは11月20日、2019年9月中間期の連結決算を発表した。

 それによると、貸玉収入3,792億6,900万円(前年同期比2.0%減)、営業収入739億7,000万円(同0.5%増)、税引前中間利益131億5,000万円(同6.0%増)、中間利益86億9,100万円(同4.2%増)となった。

 2019年中間期は、商圏見直しに伴って、高貸玉店舗1店舗を閉鎖し、低貸玉店舗2店舗を高貸玉店舗に業態変更した。9月30日現在のグループ店舗数は449店舗。業態別では高貸玉店舗が177店舗、低貸玉店舗が272店舗となっている。

 営業費用は611億3,400万円で前年同期比2.1%減。特に広告費は21.2%減の16億9,700万円となった。一方、パチンコ、パチスロ機の購入費は増え、16.1%増の131億7,400万円となっている。

 中間配当は、安定配当継続の観点から1株あたり6円とした。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る