関西遊商が浪速公園の清掃活動を実施

関西遊商が浪速公園の清掃活動を実施 eyecatch-image

全商協所属の関西遊技機商業協同組合(小西哲也理事長)は11月16日、10回目となる「浪速公園清掃活動」を実施した。

当日は、浪速区役所、地域住民、組合員含め95名が参加し、公園の敷地内に落ちているゴミを拾った。

同組合では浪速公園の清掃活動や、公園周辺へ設置する防犯カメラの寄贈などの社会貢献活動を実施。その成果もあり、浪速区の榊正文区長から「浪速公園の環境が向上したことで、大阪市初となる公園内認可保育所の設置が決まった」と報告があったという。

同組合では今後も地域と連携し、継続した活動を続けていきたいとしている。

関西遊商が継続して清掃などの社会貢献活動を行っている「浪速公園」。関西遊商の活動成果で、大阪市初となる公園内認可保育所の設置が決定した。

Copyright © 2019 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

5

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る