福祉車両の寄贈先が決定~神奈川福祉事業協会

福祉車両の寄贈先が決定~神奈川福祉事業協会 eyecatch-image

神奈川県遊協と神奈川福祉事業協会による令和元年度福祉車両の寄贈先がこの度、決定した。

両団体による福祉車両の寄贈は平成20年より毎年実施され、今回で12回目を数える。令和元年度は去る9月5日から26日まで助成の公募が行われ、福祉施設から計32件の応募があった。

公募後、両団体では厳正な審査を行い、児童福祉施設1件、障がい者福祉施設4件、老人福祉施設2件の計7施設に、7台の福祉車両の寄贈を決定した。今回の寄贈を含め、両団体による福祉車両の寄贈は291台に上り、金額換算では8.4億円超となった。

神奈川福祉事業協会は昭和60年の設立以来、35年間にわたり、パチンコ業界全体の福祉に対する思いを基に、様々な社会貢献活動を行ってきた。

なお福祉車両の贈呈式は、2020年4月28日に予定されている。

◆令和元年度福祉車両寄贈先
・社会福祉法人「唐池学園」 児童養護施設「強羅暁の星園」
・社会福祉法人「セイワ」 もえぎの丘
・公益財団法人「横浜市知的障害者育成会」 チャレンジフィールド
・社会福祉法人「アトリエ」 一から百まで堂
・社会福祉法人「クオレ」 仕事探しクラブ
・社会福祉法人「永寿会」 わしんち元気・平塚
・社会福祉法人「孝楽会」 けやき荘

Copyright © 2019 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る