北海道内パチンコホールの時短営業、3月末まで継続

新型コロナウイルスの感染拡大が続くことから、北海道内のパチンコホールでは、感染防止対策の一環として実施している時短営業について、当初より期間を延ばし、3月末まで継続することを決めた。

時短営業の継続は、3月16日付けの文書で各ホール組合員に伝えられた。

北海道方面遊協では感染防止対策として、時短営業の実施、感染予防の徹底、企業のイメージ広告を含む広告宣伝の自粛などを3月5日に決定。

このうち時短営業は一営業日において最低2時間以上とし、営業時間帯は午前10時〜午後10時までとした。

期間は当初、3月9日〜3月19日までと定めていたが、新型コロナ感染の沈静化が未だ見られないことから、改めて各方面遊協の理事長らが協議し、この度、3月末までの継続を決めた。

同方面遊協では今回の決定に基づき、各ホールに適切な対応を求めている。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列