全日遊連が臨時理事会、改めて21世紀会決議の遵守を可決

全日遊連が臨時理事会、改めて21世紀会決議の遵守を可決 eyecatch-image


全日遊連は12月16日、臨時の全国理事会を東京・市ヶ谷の遊技会館で開催し、「新型コロナウイルス感染症拡大(第3波)に対する総合的対処について」を議題に協議したことがわかった。

出席者によると、新型コロナの第3波が訪れている状況下、旧規則機の取扱いを定めたパチンコ・パチスロ産業21世紀会決議を含めて総合的に対処を検討する必要があるとして、一部の理事から理事会開催の請求があったという。

理事会では、21世紀会決議の見直しなどは採決されず、一方で他の理事から、21世紀会決議を遵守する旨の緊急動議が提案され、これを賛成多数で可決したという。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る