ユーコーリプロが愛知で使用済み遊技機リサイクル工場の稼動を開始/九州、関東に次ぐ3拠点目

ユーコーリプロが愛知で使用済み遊技機リサイクル工場の稼動を開始/九州、関東に次ぐ3拠点目 eyecatch-image

ユーコーリプロ(金海基泰代表取締役社長)は3月25日から、使用済み遊技機リサイクル工場「愛知中央リサイクル工場」の稼動を開始した。同社が展開するリサイクル工場としては西日本工場(福岡県北九州市)、東日本工場(埼玉県加須市)に次ぐ3拠点目となる。

「愛知中央リサイクル工場」は、使用済み遊技機の回収中継拠点として2018年7月に開設していた「名古屋デポ」を工場化したもの。名古屋高速・小牧南出入口の真横に位置し、東名・名神・中央道・東海北陸道に直結しており、物流拠点に欠かせない利便性の高い交通アクセスを備えている。

今回の工場化により、遊技機メーカーが集中する名古屋近郊にある地の利を活かし、リユース部分に対するメーカーニーズに迅速な対応を目指すとともに、帯電防止環境が整備された検査室を多く設置し、リユース部品の品質向上と需要喚起、拡充につなげていきたい考えだ。

今年は、2021年の新規則機時代に向け、認定・検定切れに伴う旧規則機の大量撤去が待ち受けていることもあり、同社では3工場体制で適正処理に総力をあげて取り組んでいくとしている。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る