東京都遊協、緊急事態措置に対し「遵法精神に則り、原則遵守」をお願い

東京都遊協、緊急事態措置に対し「遵法精神に則り、原則遵守」をお願い eyecatch-image

東京都遊技業協同組合は4月10日、小池都知事の緊急事態措置の発表を受けて、組合員に文書を発出した。小池知事は同日の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の「緊急事態宣言」を受けた措置として、パチンコホールを含む休業要請の対象施設を公表した。

都遊協の文書では、「本要請は、法令に基づく要請であり、我々は重く受け止めなければなりません」とした上で、組合員店舗に対し、「遵法精神に則り、原則として、遵守下さいますようお願い申し上げます」と要望した。

一方で、営業継続という苦渋の決断をせざるを得ない場合として、営業時間の短縮や週1回程度の休業などの考慮を求めた。同時にこれまで実施してきた感染拡大防止施策の徹底や、絶対に店舗でクラスターを発生させない決意と細心の注意を改めて要望した。

都遊協では4月8日にも新型コロナウイルス感染症対策の文書を通知しており、今回の通知は11回目となる。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る