貯玉/貯メダルは万全な体制で保護、貯玉補償基金がファンに通知

貯玉/貯メダルは万全な体制で保護、貯玉補償基金がファンに通知 eyecatch-image

一般社団法人貯玉補償基金は4月9日、ホームページ上に「緊急事態宣言による貯玉/貯メダルの賞品交換について」を掲載した。

政府の緊急事態宣言の発令に伴い、対象地域のパチンコホールが休業になったことで、賞品交換が一時的にできなくなった貯玉/貯メダルの保有会員(パチンコ・パチスロファン)がいることから、ファンに少しでも困惑や不安を解消してもらおうと通知したもの。

通知によると、貯玉/貯メダルについて、「緊急事態宣言が解除され、加盟ホールの営業が再開された際には、従前の通りご利用いただけるとともに、仮に加盟ホールの営業が再開されずに破産等に至った場合であっても、当法人が適正に補償いたしますので、ご安心いただければ」としている。

あわせて、ファン(会員)の貯玉/貯メダルのデータについても、同法人のセンタ事業者で保管しており、万一の自然災害、火災等の際にも、万全な体制で保護していることを伝えている。

貯玉補償基金は、「貯玉システムの適正な運用とシステム利用者の利益保護」を目的として1992年4月に設立された法人。同基金に加盟しているホール企業が経営破綻などで会員(ファン)の貯玉/貯メダルの払い戻しが不能になった場合に、会員の貯玉/貯メダルを補償している。

一般社団法人貯玉補償基金ホームページ

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る