玉屋、本社ビルのLEDビジョンで医療・介護関係者へ感謝を伝えるイルミネーション

玉屋、本社ビルのLEDビジョンで医療・介護関係者へ感謝を伝えるイルミネーション eyecatch-image

玉屋(山喜多映一代表取締役)は、常にリスクと背中合わせで新型コロナウイルスに立ち向かう医療・介護関係者に感謝を伝えるため、同社本社ビル(福岡県中央区)の大型LED照明「NAKASU-VISION」で、ブルーを基調としたイルミネーションを実施する。

点灯期間は5月1日から5月31日の1ヵ月間で、点灯時間は18時から翌0時頃までを予定している。

同社では、福岡・佐賀県下全16店舗を臨時休業している(福岡県4/8~、佐賀県4/16~)。一日も早い事態収束に向け、全社一丸となって取り組んでいくとしている。

医療関係者に感謝を伝える、ブルーイルミネーションを点灯している。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る