静岡のアシベ商事、県内3市の医療機関へマスクを寄贈

静岡のアシベ商事、県内3市の医療機関へマスクを寄贈 eyecatch-image

静岡県の伊豆半島を中心に8店舗を展開するアシベ商事(鈴木康弘代表取締役会長)は、4月30日および5月1日にかけ、伊東市、下田市、熱海市の医療機関へマスク計6,000枚を寄付した。

寄付先は伊東市医師会、下田メディカルセンター、熱海市医師会で、それぞれ2,000枚のマスクを寄付した。

同社では新型コロナ感染症への対策も危機管理上重大な課題であるとの認識のもと、遊技客、従業員の健康と安全を守るため、水際対策や蔓延対策に総力を挙げて取り組んできたが、「緊急事態宣言」の発令を受け、現在は事務所の臨時休業、従業員の自宅待機を行っている。今回寄付したマスクは従業員用として確保していたもので、医療関係者がマスク不足に陥っている状況に鑑み、寄付を行った。

従業員用に確保していたマスクを寄付した。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る