大阪福祉防犯協会が基金寄贈式

大阪福祉防犯協会は5月28日、大阪市中央区の大阪シティプラザにおいて第17回基金寄贈式を開催。17回目となる今回は、大阪府下の9施設、1団体に総額875万円を寄贈。これにより累計寄贈額は1億6494万円、寄贈先団体は延べ183団体となった。

冒頭、高智茂会長は「皆様の協力のおかげで今日まで基金寄贈を続けることができた。まだまだ基金があればという気持ちがあるが、これからも毎年継続していきたい」と述べ、参加会員に引き続きの協力を呼び掛けた。

また、閉会の挨拶を述べた板倉行央福会長は「継続することが社会貢献、の思いで今日まで活動を続けてきた。各福祉施設や環境保護団体の皆様においては日頃の献身的な活動に敬意を表する。微力ではあるが、これからも皆様の活動の支援を継続していく」と基金寄贈の継続を誓った。

(日刊遊技情報)

この記事を共有

いいね!する

0

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列