岐阜県遊協が総会、再任の大野理事長「100年に一度の災厄を乗り切る」

岐阜県遊協が総会、再任の大野理事長「100年に一度の災厄を乗り切る」 eyecatch-image

新型コロナ対策で出席者の間隔をあけて行われた岐阜県遊協の第59期通常総会。

岐阜県遊技業協同組合は5月28日に通常総会を開き、役員改選で大野春光理事長を再選した。5名の副理事長も再任となった。

7期目となる大野理事長は「100年に一度と言われるこの災厄をどう生き延びるか、その方法に教科書はない。新しいコロナとの共生社会の中で、業界がどう生き残っていくか、手探りでやっていくしかない。副理事長、理事の皆様のご意見を支えに、この災厄を乗り切っていける岐阜県遊協を作っていきたい」と決意を述べた。

議事では各議案を原案通り、可決承認した。2020年度収支予算では、新型コロナウイルスの影響を考慮し、4月~6月の3ヵ月の賦課金を免除することとした。また、例年、徴収している社会貢献費(台あたり50円)についても今年度の徴収はなしとした。

今年の総会は岐阜市内の遊技会館で規模を縮小して開催。来賓祝辞や総会終了後の県警講話も取りやめ、出席者にはマスクの着用や検温を求めるなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めながらの開催となった。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る