三重県遊協が三重県警察本部交通部に反射バンド1,000個を贈呈

三重県遊協が三重県警察本部交通部に反射バンド1,000個を贈呈 eyecatch-image

自発光式交通安全反射バンド 左:伊藤交通部長 右:権田理事長

三重県遊協は6月10日、三重県警察本部交通部に「自発光式交通安全反射バンド」1,000個を贈呈した。

今回の贈呈は、県内で歩行者が犠牲となる死亡事故が増えていることから、交通死亡事故防止対策に寄与するために行われたもの。

贈呈式で権田清理事長は、「いまだ感染リスクがある中、各種の交通事故抑止対策を展開中の交通警察官への敬意と感謝を表し、今後の交通死亡事故の減少や県民と警察官の安全について祈念する」と挨拶した。

同交通部の伊藤達彦交通部長は、「支援は大変ありがたく、自発光式交通安全反射バンドを有効に活用して交通死亡事故抑止に努める」と謝辞を述べた。

また、春の交通安全運動期間中には、県内各店舗あてに交通安全スポット放送実施についての依頼文を発出するなど、交通安全に関する支援活動をしている。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る