広島県遊協と広島県が「災害時における支援協力に関する協定」を締結

広島県遊協と広島県が「災害時における支援協力に関する協定」を締結 eyecatch-image

締結式の様子
写真向かって左から、安本副理事長、湯﨑広島県知事、
延川理事長、原田専務理事

広島県遊協と広島県は6月12日、「災害時における支援協力に関する協定」を締結した。同日行われた締結式には、延川章喜理事長と湯﨑英彦広島県知事が出席した。

締結式で延川理事長は、「ここ数年、全国的に自然災害が相次いで発生しており、特に平成26年、30年には未曾有の豪雨災害が県内各地で発生した。その際、広島市安佐南区のパチンコホールでは、店舗の駐車場を提供し、災害警備で活動中の警察、消防、自衛隊などの緊急車両の拠点や、被災者、ボランティアの緊急避難場所として活用した。この協定を締結することで、県内全体のホールで災害対策の取り組み、組合員全員で共通認識を持つことができた。また、新型コロナウイルス拡大防止の観点でも、県知事からの休業要請を受け入れ協力してきた。今後も、あらゆる面で日本一安全、安心な広島県の実現に向けて協力していく」と述べた。

また、湯﨑知事は「平成26年8月の広島豪雨災害や、平成30年7月豪雨災害の際に、被災地近くの駐車場を応急対策車両の待機場所として提供していただいた。以前から、災害応急対応に支援いただき感謝している。災害が発生した場合に、迅速かつ円滑に応急対策をする上で、組合員の皆さまに災害時における施設の提供に協力いただけることは、災害応急復旧に携わる者にとって、大変心強いものと考えている」と挨拶した。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る