サミー初の「遊タイム」搭載パチンコ機は、エウレカセブン最新作

サミーは6月22日、パチンコ新台『P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』の製品サイトを更新。特長や基本情報を掲載した。

同機のゲーム性は、「遊タイム」搭載のV確STタイプ。スペックは大当たり確率1/199.8のライトミドルで、初当たり後、突入率40%overでSTに突入。STの継続率は約80%で、電サポ中の大当たり時は75%で約1,000個以上、60%で約1,500個の出玉が得られる。また同社初の「遊タイム」は低確率599回転を消化した後に発動。その後は最大100回転の電サポモードに突入する。

演出面では、パチンコ専用演出を多数搭載。先読みゾーン「ZERO ZONE」、連続予告3回目で発展の可能性がある「次回予告」など注目演出を数多く盛り込んだ。

主なスペックは次の通り。納品開始は8月上旬を予定している。
大当たり確率 1/199.8(高確率時:1/94.2)
確変割合 ヘソ:1%、電チュー100%(ST150回)
ST継続率 約80%
電サポ回数 100回 or 150回
遊タイム 電サポ100回(低確率599回転後に発動)
出玉 約1,500個 or 約1,050個 or 約450個
ラウンド振り分け
・ヘソ
10R確変:1%、3R通常:99%
・電チュー
10R確変:60%、7R確変:15%、3R確変:25%

©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©Sammy

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列