ホールの休業の影響で電話相談件数200件を下回る~RSN

ホールの休業の影響で電話相談件数200件を下回る~RSN eyecatch-image

パチンコ依存問題に関する電話相談等の活動を行う認定特定非営利活動法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)によると、2020年5月に受けた電話相談件数は187件で、前月4月の285件から98件減少した。

電話相談187件のうち、10時から16時までの相談は99件(RSN支援室への17件含む)、16時から22時までの相談は88件(同10件含む)となった。1ヵ月の相談件数が200件を割ったのは、夜間相談を開始した2017年11月以降初めて。新型コロナウイルス感染防止のため、全国のホールが休業したことが要因と考えられる。

相談件数の内訳は、初回相談65件、複数回83件、間違い・無言・問い合わせ39件。初回相談のうち、56件が本人から、9件が家族・友人からだった。また、RSNへの電話相談に至った経路では、初回相談のうち25件がインターネット、24件がホール内ポスターなどとなっている。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る