健全化推進機構、2020年度第3四半期の立入検査実施状況を報告

健全化推進機構、2020年度第3四半期の立入検査実施状況を報告 eyecatch-image

一般社団法人遊技産業健全化推進機構は1月18日、2020年度第3四半期(2020年4月1日〜12月31日)の立入検査店舗数及び検査台数を発表した。

報告によると、検査店舗数は49都府県方面1,271店舗(うち計数機検査142店舗)。検査遊技機数は8,709台(パチンコ4,264台、パチスロ4,445台)、検査計数機は142台(玉128台、メダル14台)となっている。

昨年同期と比べると、検査店舗数が約58.6%(昨年度2,169店舗)、検査遊技機数が約57.6%(昨年度15,124台)、検査計数機数が約55.5%(昨年度256台)となった。

今年度の目標店舗数は1,800店舗としているが、新型コロナウイルス感染症問題に伴い、4月及び5月の立入検査活動をほぼ中止したことなどにより、現時点では事業計画を下回るペースで推移している。

2020年度第3四半期の月別立入検査店舗数は以下の通り。
4月 5店舗(うち計数機検査5店舗)
5月 0店舗
6月 249店舗(うち計数機検査36店舗)
7月 206店舗(うち計数機検査28店舗)
8月 120店舗(うち計数機検査6店舗)
9月 238店舗(うち計数機検査20店舗)
10月 165店舗(うち計数機検査15店舗)
11月 152店舗(うち計数機検査15店舗)
12月 136店舗(うち計数機検査17店舗)

なお、2020年度第3四半期の月別依存防止対策調査は以下の通り。
4月 10店舗
5月 135店舗
6月 212店舗
7月 202店舗
8月 140店舗
9月 257店舗
10月 168店舗
11月 167店舗
12月 135店舗

Copyright © 2021 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る