21世紀会決議の違反会員ホールは「資格停止」に、日遊協が定款変更へ

日本遊技関連事業協会は7月16日に開いた第2回定例理事会の開催結果を報告した。

議事では、パチンコ・パチスロ21世紀会決議の順守と違反措置について審議した。6月23日の21世紀会で、5月20日付の「21世紀会決議」(誓約書)に違反したパチンコホールを資格停止にできるよう、各団体の規程の整備が求められたことから、日遊協でも臨時総会を開催し、定款の変更を行うことを承認した。

変更案では、「21世紀会決議」の順守を求めるとともに、決議に違反した会員には定款に定める処分、「資格停止」を講じることができるという条文を追加する。臨時総会の予定は9月11日。ペナルティは10月1日から施行となる見通し。

議事ではその他、会員に関する規程の一部改正ついて審議した。新型コロナに伴う休業要請に応じない会員ホールに対して退会勧告等を行ったが、その手順等について総会でも理事らから意見があった。これを受けて会員に関する規程の整備を行うこととした。

日遊協の第2回定例理事会はテレビ会議方式で行われた。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列