日遊協の庄司孝輝会長が辞任、計画的撤去計画の混乱をお詫び

7月30日に辞任届けを提出した日遊協の庄司孝輝会長。


一般社団法人日本遊技関連事業協会の庄司孝輝会長が7月30日付で会長辞任の届けを提出した。日遊協が7月31日に会員企業に報告した。

庄司氏が30日に会員に宛てた文書では、「計画的撤去計画の混乱についてお詫び」と題し、「年内の月次15%の入替計画や高射幸性遊技機の撤去が停滞しかねない状況を引き起こしてしまったことについて、当会の代表として責任を痛感しています。この混乱について、会員の皆様にたいしまして、多大なご迷惑をおかけし誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます」、「責任をとり、会長職を辞することといたしました」と伝えている。

なお、日遊協は、後任については臨時理事会を開催し選定することになる、と会員に報告している。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列