県内初、青森・大間のパチンコ店が「自家買い」容疑で摘発

県内初、青森・大間のパチンコ店が「自家買い」容疑で摘発 eyecatch-image

青森県警保安課と同・大間署は9月10日、経営するパチンコ店で客に提供した賞品を買い取ったとして、風営法違反(自家買いの禁止)の疑いで、県内でパチンコ店を営む有限会社と同社の役員男性(55)を青森地検に書類送検した。9月11日に東奥日報電子版が報じている。

報道によると、同法違反容疑での摘発は、統計を取り始めた1990年以降、青森県内では初のこと。役員男性は容疑を認めているという。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

20
  • 1:2020-09-15 00:51:29なんやクソ田舎のパチ屋じゃねぇか こんな所でいちいち捕まえんなよ よっぽど暇なんだなあ警察は!へー

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る