スーパーリノSP

通常時の打ち方(逆押し)

逆押し時の特徴

メリット

チャンスモードの滞在が見抜ける。

デメリット

消化効率が中押しに比べ若干劣る。

右リールに青7を狙う

スーパーリノSP

停止形①

スーパーリノSP
成立役:トマトチャンス
→中リール適当打ち後、テンパイラインによってトマトチャンスの期待度が変化する

停止形①-A

スーパーリノSP
成立役:3択トマトチャンス
→左リール「青7、赤7、白BAR」のいずれか3択を狙う

停止形①-B

スーパーリノSP
成立役:50% or 66%トマトチャンス
→左リール「2択正解」or「2/3正解」でトマトが揃う

停止形②

スーパーリノSP
成立役:レモン、中段トマト
→中リールを適当打ちし、トマトがテンパイすると100%成功のトマトチャンス確定。左リールも適当打ちでOK

停止形③

スーパーリノSP
成立役:ハズレ、トマトチャンス
→中リールを適当打ちし、トマトがテンパイするとトマトチャンス

停止形③-A

スーパーリノSP
成立役:トマトチャンス
→トマトチャンスかつ、チャンスモード滞在も確定する

停止形④

スーパーリノSP
成立役:リプレイ
→左・中リール適当打ち

停止形⑤

スーパーリノSP
成立役:青リンゴ、レモン
→左・中リールは青リンゴを狙う(白BARを目安)
※なな徹調べ