×

【ベタピン】なぜパチスロの設定1の事を「ピン」というのか語源を調べてみた!

【ベタピン】なぜパチスロの設定1の事を「ピン」というのか語源を調べてみた! eyecatch-image

チワッスあしのです。

 

いつもありがとうございます! パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「ベタピン」について。まあパチスロに限ったことじゃないですが、なぜ1のことを「ピン」というのか。割りと有名な話なのですがご存知ないかたもおられるかと思いますので改めてチェックしてみましょう! どうぞ。

 

 

元から博打用語であった。

 

「ピン」の語源はトランプの「1」を表す「pinta(ピンタ)」

 

ベタピン。意味としては「全台設定1」のことですな。実際にオール設定1なのかどうかより、そういう風に見えちゃう状況を含め、揶揄の意味を込めてそう呼ぶ場合もあります。どうせあの店はベタピンだ! みたいなね。

 

さて、1のことを「ピン」っていうのはもはや一般用語化してる立派な日本語になっています。例えばひとりで活動するから「ピン芸人」とか、1割抜くから「ピンはね」とか。最下層の侍の俸給である3両1分から転じて身分が低い事を表す「サンピン」とかね。

 

なんでそうなっとるのか。これは語源としては諸説あるのですが、どうもポルトガル語・スペイン語の「ほくろ」「点」などを表す「pinta」なる単語から来てるらしいです。経緯としてはトランプ(西洋かるた)にて1の事を、その図柄の特徴から「点(pinta)」と呼んでたのが発端であると。ポツンとした点があるからpinta(ピンタ)ですね。ところが西洋かるたを模した「天正かるた」なる本邦オリジナルのカードゲームが発明された際、1が点じゃなくて全く別の絵で表現されたにも関わらず、その呼び名だけは引き継がれ、結果として図柄の特徴(点)ではなく「1を表す造語」としての「ピン」が爆誕した模様。「ピン(1)からキリ(12)まで」という言葉はここからという説もあります(天正かるたはトランプと違い10が「従卒」で11が「馬」そして12が十と二の漢字を組み合わせた「王」です。なぜ王がキリなのかについても諸説ありますが割愛)。

 

もとがカードゲーム用語ということもあって、ピンという単語は特に博打用語として根付いていきます。賽の目なんかは1の事をモロに「ピン」と呼びますけども、これなんかは「サンピン」の成り立ちもそうですし「看板のピン」なる古典落語なんかにも当たり前に出てくる単語でして、当時の庶民の間には普通に広がっていた俗称のようです。結果、1の事を何でもかんでもピンピン言うようになって現在に至ると。繰り返しますが諸説あります。が、有力なのはどうやらこれのようです。

 

ちなみに「ベタ」は「隙間なく並ぶ」という意味の、昔から存在する語素でした。べた塗りとか、べた褒め、べた付けなんかの「ベタ」ですね。上記ピン(設定1)が隙間なく並ぶ状態が「ベタピン」であるようです。

 

 

いつから言われ始めたの?

 

「ベタピン」が一般化したのは「設定」に目が向けられ始めたタイミング?

 

んでこのベタピン。単語として使われ始めたのは果たしていつからなのか。筆者自身はじめて耳にしたのがいつのことなのかさっぱり分からない。最初っから言ってた気もするし、5号機になってから耳にした気もする。というわけでチェックしてみたのですが、2chの過去ログでは2006年に九州某所のホール情報スレにて最古の書き込みを発見。当初は「ベタピン」という単語に対し特に突っ込まれる要素もなく普通にスルーされていることから、口語としてはそれ以前から存在した公算が高そう。そこから2009年頃までは散発的に使われておりましたが、2010年くらいから一気に使われてるスレッドが増えているようです。

 

ンー? 2006年といえばパチスロが4号機から5号機に移り変わる渦中の年。爆裂機の残香がほぼ消え去りつつある時期です。多くのパチスロ打ちが「新世紀エヴァンゲリオン」でのベルカウントであるとか「秘宝伝」のBIG中のハズレ確率であるとかを契機にそれまでのハイエナ戦法より「設定」を狙い始めたであろう時期と合致します。個人的には翌年の「リングにかけろ」がいわゆる「設定狙いのプロ集団」がゴッツリ再誕生した記念碑的台だと思っており、4号機のある時まで当たり前だった「設定なんか入ってなくて当然」みたいな雰囲気から「設定入れない店は駄目」みたいなのに切り替わるターニングポイントなんじゃないかなと思っています。

 

なんかその前から「ベタピン」って単語はあった気がすげーするのですが、掲示板を見る限りはどうもこの辺が一般化したタイミングっぽい。だとするとこれ、やっぱひとびとが「設定」というのに目を向け始めた瞬間に浸透したスラングなのかも。なんか知りませんが、それだったら時期的にも広がった理由がスッと入ってくる気がします。

 

 

業界豆知識あしの 画像3あんまり良いことばではないんですけどもね

この記事を共有

いいね!する

23
  • 1:2022-08-09 18:46:50「設定狙い」「設定が入っている」と言うようになったのも結構最近な気がします。昔はきちんと「高」設定と言ったものですが。 少し外れますが、「ハナから」のハナは朝鮮語における「1」を表しますし、「チャリンコ」なんてのも「自転車」の朝鮮語由来ですね。

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る