×

【プレミアの代名詞】史上初めてロングフリーズを搭載した機種は○○!

【プレミアの代名詞】史上初めてロングフリーズを搭載した機種は○○! eyecatch-image

チワッスあしのです。

 

いつもありがとうございます! パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「ロングフリーズ」について。史上最初に搭載した機種はどれ? という話と、あと思い出深いフリーズ演出について解説します。いやぁ、フリーズと言えばアレだよねぇ。どうぞ!

 

 

意外と昔からあった。

 

「ロングフリーズ」の初出は 仕組み「ディーゾーン」(1999年) 名称「リックデビュー」(2001年)

 

筆者が「フリーズ」をプレミア演出であると認識したのは2002年に平和が出した『アントニオ猪木という名のパチスロ機』でのことでした。これは「道フリーズ」という超強い恩恵を持った演出を備えており、内容は文字通り猪木さんの自作の詩である「道」が全文流れるというもので、今確認してみたところ40秒以上リールの始動が完全にストップするというかなり長尺なもの。発生条件はシリーズによって異なりますが、初代は「BIG後の100G以内に強ハズレ(設定1で1/4824)を引いたときの1/20」という激重に設定されておりました。これが恩恵ありフリーズの発生条件。

 

ん? 恩恵ありフリーズ? そう、実はこいつは「BIG成立時の1/64」「REG成立時の1/64」でもフリーズが発生する場合があり、REGの方はまだ良いとしてBIGの場合はなんの恩恵もなし。なのでフリーズが来たからと言ってガッツポーズするのはちょっと早く、その後に闘魂チャンスに突入して初めてヨッシャ。REGでちょっとヨッシャでした。BIGは……。

 

ちなみに同年の『ミリオンゴッド』もブラックアウトからのゴッド揃い時に短時間のフリーズを伴いますが、ロングとまで呼べるものではなく。あんまり「フリーズ」という認識はなかったです。それよりプチュンと画面が暗転して「左から押して下さい」というメッセージが流れるのが衝撃的すぎて「フリーズそのものが強い」というコンセンサスを形成するには至らず。フリーズ時間が短いこともあって、「フリーズ=プレミア」の印象は「猪木」の方が強いです。あくまで筆者はね。

 

んでこのフリーズなのですが、「ゴッド」みたいな短いフリーズというのは遡る事3年前の1999年から存在しており、これが岡崎産業の『キングジャック』なる機種にて初搭載されたとの事。レバオン、あるいはいずれかのボタン停止後に2秒間フリーズしたそうですが、残念ながら筆者は触ったことがありません。知識として覚えておきます。

 

で、問題になるのは「(ロング)フリーズ」という演出の初出。

 

仕組み的には1999年にエマが出した『ディーゾーン』がそれだそうです。仕組みとしてはレバオンの8秒後にリールが始動するというものでまんまフリーズなのですが、ここではフリーズという呼称を使わず「クラッシュ」と呼んでいたとの事。フリーズという名前が使われたのが2001年に登場した『リックデビュー』からだそうです。うわ、知らない台だ。……これ、メーカーはリックコーポレーションらしいのですが、これは筆者メーカー名も知らない。かの会社が活躍してたのが2000年以降なので見たことあってもおかしくないんですけどもマジで1機種も知らないので、もしかして筆者の地元の県には販路がなかったのかもしれない。なので文献からの説明になっちゃいますが、この『リックデビュー』もまたレバオン時に8秒のフリーズを備えており、内容としては前述の「クラッシュ」と同じに見えます。とはいえあっちはクラッシュ。フリーズの祖はこっちだそうです。覚えときましょう。

 

 

他のフリーズも調べてみた。

 

フリーズには色々な種類がある

 

いわゆる「レバオンでリールが止まる」系のフリーズ以外にもフリーズの種類は色々あります。例えばリールの動きで特徴的なシリーズでいうと「逆回転」はタイヨーの『琉球浪漫』(2009年)で、リールロックおよびダブルフリーズはタイヨーエレックの『BLOOD+』(2010年)。フリーズ中に図柄が自動で止まったのがエレコの『デビルマンII』(2010年)、フリーズ中に操作を受け付けるようになったのがオリンピアの『黄門ちゃま 光れ正義の印籠編』(2011年)、デビルとちゃまを組み合わせて複数回止まるようにしたのが山佐さんの『鉄拳2nd』(2012年)の鉄拳ATTACKといった具合。進化の過程が見えますな。その他、フリーズ時間の長さが微妙に可変式になってるのがタイヨーの『ボブアンドジョニー』(2000年)、ボーナス中にフリーズが発生するのが『秘宝伝』(2006年)との事。

 

筆者がいままでのパチスロのフリーズ演出のなかで最も印象に残ってるのはサミーの『化物語』(2013年)のヤツです。リールロックで煽ってフリーズに進む系のやつはだいたい手に汗握るのですが、コイツの場合フリーズのトリガーがリプレイだというのがハッキリしてる分、条件に当てはまってるときのリールロックが超熱くて最高でした。

 

 

業界豆知識あしの 画像3乙女の西国のフリーズも良かった

この記事を共有

いいね!する

117

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る