進化した「V抽選役物」でAT、上乗せを掴み取れ

進化した「V抽選役物」でAT、上乗せを掴み取れ eyecatch-image

 SANKYOはこのほど、パチスロ新機種『パチスロ蒼穹のファフナーEXODUS』を発表した。

 同機は純増約2.7枚/Gの差枚数管理型ATタイプ。主なスペックは蒼穹ボーナス確率1/223~1/197、Vバトル確率1/904~1/643、蒼穹作戦(AT)確率1/589~1/315、出玉率97.9%~112.0%。

 特長は筐体上部に搭載されている「V抽選役物」。AT突入をかけたチャンスゾーンや、上乗せ特化ゾーンで用いられ、8穴の中で「V」穴に入賞すれば成功となる。V穴の数が増加したり、V穴が固定されたりと、前作の同役物よりも大幅パワーアップしている。

 AT「蒼穹作戦」では上乗せ特化ゾーンを3種類搭載。中でも大量上乗せに期待がもてるのが「Vアタック」と「織姫チャンス」の2つだ。「Vアタック」では毎G差枚数上乗せ抽選が行われ、上乗せ枚数が200枚到達でV抽選役物を用いた「WアップVチャレンジ」が発生。ここでV入賞すれば上乗せ枚数が2倍となる(成功期待度は約50%)。AT中の擬似ボーナス(30G)での青7揃いで突入する「織姫チャンス」は、ボーナス残りG数が上乗せ特化ゾーンへと変化、さらに毎G上乗せ濃厚となっている。

 納品は10月27日を予定している。

(c)XEBEC・FAFNER EXODUS PROJECT

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る