令和2年度入社予定者の内定式を実施~善都

令和2年度入社予定者の内定式を実施~善都 eyecatch-image

 善都は10月1日、令和2年度入社予定者を対象とした内定式を実施した。内定者は男性17名、女性5名の計22名。

 訓示を述べた都筑善雄代表取締役社長は「私は社員に対して日頃から、何事においても推測や当てずっぽうで判断するのではなく、明確な根拠や数字に基づいて発言し行動を起こすよう、指導している。来年4月には新たに社会人となる皆さんも、そのことを意識することで是非、他人から信用され信頼される人材になってもらいたい」と激励。

 また、都筑社長は「来年4月は改正健康増進法が施行され、世の中が大きく変化するタイミングでもある。振り返れば、他社に先駆けて全国初となる全館禁煙ホールをオープンさせるなど、当社が紡いできた歴史はまさに挑戦の歴史といえる。令和の時代を迎えてもなお続く、当社の新たな挑戦のストーリーをここにいる皆さんとともに描けることを期待している」と述べた。

 内定式終了後には在籍社員との交流の一環として運動会を開催。内定者を含む64名が参加し、スポーツを通じてコミュニケーションを図った。

(提供:月刊グリーンべると)

提供:月刊グリーンべると 画像1

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る