愛され続けて10年、『南国育ち』の最新作が登場

 平和は11月7日、都内ショールームでアムテックス社製パチンコ新機種『P南国育ち~デカパトVer.~』のプレス発表会を開催した。

 同機は2009年の初代の登場以降、10年もの間ファンに愛され続けている『南国育ち』シリーズの最新作。今作ではキャラクターデザインを一新。月刊ヤングマガジンで同コンテンツを題材にしたマンガ「南国育ちin沖縄~恋のストーリー」を手掛けた、こばやしひよこ氏のキャラクターデザインを採用している。ゲーム性では、図柄揃いは全て10R(払出値1,500個)というわかりやすさに加え、時間効率を重視した演出構成となっており、連続予告は非搭載。さらに大当たりの約1/4がノーマルリーチからという常に期待感を持って遊技できる仕様となっている。

 スペックは大当たり確率1/315.0(高確率時1/49.0)、確変突入率55%の確変ループタイプ。電サポは全ての通常大当たり後に100回付与される。大当たりのラウンド数は2R(払出値約70個)、10Rの2種類で、賞球数は3&1&4&7&15。

 通常時には「南国モード」「沖縄モード」「ハワイモード」の3種類のモードが存在。また電サポ中にも「南国モード」「バタフライモード」の選べる2種類のモードを搭載している。

 大当たりは、金揃い=確変+SUPER小当たりRUSH(SKR)、奇数揃い=確変、偶数揃い=通常(ラウンド中昇格あり)とわかりやすい設定。また同機は「SKR中の確変大当たり(特図2の場合)は、全てSKR突入濃厚」という特長を持っているため、大量出玉にも期待できる。

 納品は2020年1月6日を予定している。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列