ABCが新たな社会貢献活動、「児童養護施設等退所児童応援事業」に寄附

ABCが新たな社会貢献活動、「児童養護施設等退所児童応援事業」に寄附 eyecatch-image

ABC(本社:静岡県静岡市駿河区、冨田英児代表取締役社長)は2月13日、静岡県総合社会福祉会館シズウェルで「児童養護施設等退所児童応援事業」寄附金贈呈式を行った。

同事業は同社の社会貢献活動の新たな取組みとして実施。静岡県内の児童養護施設等を退所(卒園)して4月から新生活を始める児童を対象に、新生活に必要な支度金として1人につき4万円を寄附するもの。対象者は、県内12ヵ所の児童養護施設および自立支援ホーム2ヵ所に入所する児童のうち、3月に退所(卒園)する児童となっている。今年度の対象者は11施設、31名。寄附金総額は124万円。

寄附金贈呈式では静岡県社会福祉協議会の立ち合いのもと、冨田社長から静岡県児童養護施設協議会の乙部邦子会長に目録が贈呈された。同社では今後も地域に根付いた社会貢献活動を行っていくとしている。

寄附金贈呈に対し、感謝状と児童からのお礼のメッセージが贈られた。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る