石川県遊協、令和2年度の組合員諸経費を徴収しないことを決議

石川県遊協、令和2年度の組合員諸経費を徴収しないことを決議 eyecatch-image

石川県遊協(浅野哲洋理事長)は5月13日に理事会を開催。令和2年度について組合員の組合費、支部会費、健全化推進機構への分担金などの諸経費を徴収せず、組合の繰越金で支払うことを決定した。

理事会では、旧規則機の撤去問題や受動喫煙対策への対応、新型コロナウイルス問題など、組合員が逼迫した状況にあることに鑑み、諸経費の徴収をせず組合の繰越金を活用することを提案、出席した理事の賛成多数で決定した。

決定した内容は、6月開催の同組合通常総会で諮られる予定となっている。

Copyright © 2020 グリーンべると All Rights Reserved.

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る