【P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ】初代を彷彿とさせる転落式ラッシュ×「ラッキートリガー」搭載!シリーズ最新作のスペックや演出を試打レビュー!

【P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ】初代を彷彿とさせる転落式ラッシュ×「ラッキートリガー」搭載!シリーズ最新作のスペックや演出を試打レビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

藤商事さんから登場する最新台「P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ」の新台レビューをお届け! スペックや演出の出来がどんな感じだったのか、独断と偏見に基づいて各項目を5段階評価でレビューしていきたいと思います。

 

なお、本機のスペックや各種演出の信頼度などは「なな徹」にて解析情報を公開しておりますので、是非そちらもご確認ください!

 

「P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ」の解析情報はこちら

 

 

昨今では貴重なバトルスペックライクなゲーム性!

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ スペック・ゲーム性☆4

 

基本仕様
タイプ ライトミドル(LT搭載)
仕様 一種二種混合機
図柄揃い確率
(通常時)
1/399.6(※1)
大当たり確率
(FAIRY RUSH中)
1/58.8
大当たり確率
(七炎竜RUSH中)
1/58.8
図柄揃い時
RUSH突入率
約75%
FAIRY RUSH
継続率
約65%(※2)
FAIRY RUSH
終了確率
1/97.0
七炎竜RUSH
継続率
約77%(※3)
七炎竜RUSH
終了確率
1/179.0
FTチャージ
発生確率
1/324.3
賞球 1&4&15
カウント 10カウント
FTチャージ獲得出玉
※払い出し個数
約300個
潜伏確変 非搭載
遊タイム 非搭載

※1…通常時液晶にFTチャージ図柄を除いた図柄が揃う確率(条件装置作動確率とは異なる。)大当たり確率は1/179(図柄揃い確率とFTチャージ発生確率)の合算確率。
※2…FAIRY RUSH中の継続率約62.2%と残保留の引き戻し期待度約6.6%の合算値。
※3…七炎竜RUSH中の継続率約75.2%と残保留の引き戻し期待度約6.6%の合算値。
※…コンプリート機能搭載機。

 

 

ゲームフロー

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ ゲームフロー

※1…図柄揃い確率とFTチャージ発生確率の合算確率。
※2…通常時液晶にFTチャージ図柄を除いた図柄が揃う確率(条件装置作動確率とは異なります)。
※3…FAIRY RUSH中継続率約62.2%と残保留引き戻し期待度約6.6%の合算値。
※4…七炎竜RUSH中継続率約75.2%と残保留引き戻し期待度約6.6%の合算値。
※5…V入賞が条件。
※6…約1500個×2回以上。平均期待値約4000個。
※…個数表記は全て払い出し出玉。

 

まずは全体のスペック表&ゲームフローがこちら。本機は「ラッキートリガー」搭載機ということもありこの表だけだとかなり複雑に見えてしまいますな(汗)。実際にはそこまで難しいものではないので、通常時&ラッシュ中それぞれを詳しくレビューしていきましょう。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 1図柄揃い

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ FAIRY TAILチャージ

 

まずは通常時に関してですが、本機では1/399.6で当選する図柄揃い、そして1/324.3で発生する「FTチャージ」という2つのルートが存在。これは藤商事さんの「ラッキートリガー」搭載機第1弾として登場した「P緋弾のアリア ~緋緋神降臨~ ラッキートリガーVer.」と同じ造りですな!

 

 

通常時図柄揃い時(特図1)

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 通常時図柄揃い時(特図1)円グラフ

 

払い出し出玉 移行先 振り分け
約3000個+α(※) 七炎竜RUSH 約5%
約1500個 FAIRY RUSH 約70%
約1500個 通常時へ 約25%

※…約1500個×2回以上、V入賞が条件。

 

「アリア」と同じく本機でも通常時の目標となるのは図柄揃い。そして晴れて図柄揃いに当選した際の内訳がこちらとなっております。ラッシュ突入の有無を問わず初当たり時の出玉はオール約1500発以上、そしてラッシュ突入率が約75%(内約5%は「ラッキートリガー」直通!)とかなり高めに設定されていることが本機の強みですな。しかし、個人的な好みで言えば通常大当たり時に時短等が一切ないのは非常に残念。この出玉とラッシュ突入率なのでこれ以上求めるのは強欲であることは重々承知しておりますが、やはり通常大当り時にラッシュ突入のチャンスがあるかないかでは初当たり時の期待感や満足感が全然違うのでね。多少大当たり出玉を削るか、もしくは「アリア」のように一般的な機種よりは多少短めの回転数でも良いので時短が用意されていると嬉しかったですね!

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ FAIRY RUSH

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 3・6・1図柄

 

お次はラッシュについて。本機のラッシュはメインのラッシュである「FAIRY RUSH」と「ラッキートリガー」である「七炎竜RUSH」の2種類が存在しますが抽選システムは共通。ラッシュ中は電サポ回数不定で大当たりとラッシュ転落の抽選を同時に行う、いわゆる転落抽選タイプと呼ばれるゲーム性となっております。最近のパチンコシーンではあまり積極的に採用されていないゲーム性の印象ですが、そういえばCR機時代に登場した初代「FAIRY TAIL」がまさに転落抽選タイプだったんですよね。個人的には「P FAIRY TAIL2」の個性を極めたラッシュのゲーム性も好みだったのですが、あれはさすがにクセが強すぎた感もあるので…(笑)。初代に近いゲーム性が楽しめるのはファンの方にとってはかなり喜ばしいことなのかなと思います!

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 3図柄揃い ルーシィ ナツ 

 

 

FAIRY RUSH中(特図2)

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ FAIRY RUSH中(特図2)円グラフ

 

払い出し出玉 移行先 振り分け
約3000個+α(※1) 七炎竜RUSH 約40%
約1500個(※2) FAIRY RUSH継続 約60%

※1…約1500個×2回以上、V入賞が条件。
※2…V入賞が条件。

 

 

七炎竜RUSH中(特図2)

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 七炎竜RUSH中(特図2)円グラフ

 

払い出し出玉 移行先 振り分け
約3000個+α(※1) 一夜モード 約40%
約1500個(※2) 七炎竜RUSH継続 約60%

※1…約1500個×2回以上、V入賞が条件。
※2…V入賞が条件。

 

大当たり確率は両ラッシュ共に1/58.8ですが転落確率に差を設けることでラッシュ継続率&出玉性能が変化。「FAIRY RUSH」の方は転落確率1/97.0&ラッシュ継続率約65%。「七炎竜RUSH」の方は転落確率1/179.0&ラッシュ継続率約77%となっております。ここだけ見ると「あれ…ラッキートリガーでも継続率そんなもん?」と感じてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、本機最大の魅力はその大当たり内訳。ラッシュ中の大当たりはなんとオール約1500個以上かつ約40%が約3000個+αの出玉を獲得可能! 継続率約77%という数値は最近の機種ではけっこう馴染みがある(「とある2」など)と思うのですが、本機のラッシュ中は小出玉の大当たりやSTリセットみたいなものは一切ありませんからね。ラッシュ中に熱い演出が発生した際やいざ大当たりに当選した際の興奮は間違いなく現行機種最強クラス。継続率よりも1発の重みを重視する方にはこれ以上ないラッシュだと思います!

 

同じく「ラッキートリガー」搭載機である「P緋弾のアリア ~緋緋神降臨~ ラッキートリガーVer.」と比較すると通常時・ラッシュ中共によりメリハリのスペック&ゲーム性になっております。継続率は少々控えめですが、約3000個+αの振り分けを考えるとツボにハマった時はとんでもないことになりそうですな。全体的に見てもかなり食指が動かされるスペックですが、個人的にはやはり初当たりでの通常大当たり時にラッシュ突入のチャンスがないのだけちょい減点…ということで、☆は4つで!

 

 

原作を知らずとも興奮できる演出クオリティ!

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 通常時☆5

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 5図柄リーチ アクノロギア

 

演出面における注目ポイントとして、今作は原作の「アルバレス帝国編」が中心の演出構成となっていること。リーチ演出が全面的に刷新されているのはもちろんのこと、予告演出も本機からの新演出が多数搭載されております。シリーズものの機種では基本的なフォーマットはそのままに映像の刷新がメインとなることも珍しくないのですが、本機…というか今作はかなり大きな変化があった印象。新台に新鮮味を求める方にとってはかなり嬉しい方向性の進化を遂げていたと思います。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 共撃

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 共撃リーチ

 

通常時の演出で目立ったのがリーチ演出のクオリティの高さ。特に今作では新たに「共撃リーチ」というリーチ演出が加わったのですが、ギミック作動から発展する瞬間、そしてリーチ中の映像やBGMまで一連の流れがとにかく熱い(もちろん信頼度も)! ネット上でも「◯◯と◯◯の共闘シーンが見れるの最高!」みたいなコメントを見つけたので、きっと原作ファンの方も納得のリーチ演出に仕上がっていると思います。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 一撃 ボタン

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ カットイン

 

バトル系リーチ(「共撃リーチ」含む)での大当たり時に発生するこの原画カットインもめちゃくちゃ良い! 失礼ながら筆者「FAILY TAIL」は漫画アニメ共に未履修な人間なのですが、そんな僕でもこの演出を見せつけられた時には胸に熱いモノが込み上げてきましたね。この手の作品のタイアップ機には必ず取り入れるべきだと思えるくらい素晴らしい演出ですな!

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ ナツ 雷炎竜の撃鉄

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ エルザステージ 「燃えてきた!!」

 

全体的な演出バランスに関していうと、今回の試打では驚くような激アツハズレみたいな展開はなかったのですが、連続演出だったりチャンス系演出の発生頻度は少し高めな印象。ただ、新演出含む予告演出のバリエーションがかなり多いので「またこの煽りか…」みたいにウンザリすることはなさそうですな。どちらかといえば派手寄りな演出構成&バランスだとは思いますが本機はカスタマイズ機能もかなり充実(詳細は後述)してるんで、デフォルトはこのくらいでちょうどいいのかなと思います!

 

演出バランスに関しては今回の試打だけではわかりかねることも多いのですが、演出クオリティ&ボリュームは文句ナシ。特にリーチ演出は原作を知らない僕でもめちゃくちゃ興奮できましたし、原作ファンの方にとっては堪らない造りになっているのかなと思います。ここは☆5で!

 

 

藤商事グループ機種最高レベルの造り込み!?演出ボリュームがヤバすぎる!

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ ラッシュ中☆5

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ FAIRY RUSH バトル選択

 

抽選システムやゲーム性に関しては先程すでにご紹介しているので、ここでは演出面を中心にレビューしたいと思います。まずはメインのラッシュである「FAIRY RUSH」ですが、こちらは「王道バトル」「一発告知バトル」「強化(エンチャント)バトル」の3種類から選択可能。他機種で用意されている複数の演出モードのように見た目や演出構成がガラッと変わるわけではないのですが、それぞれ参戦するキャラクターやバトルリーチ中の演出傾向そして告知バランスなどを差別化しておりしっかりと各モードごとに異なる楽しみを味わうことができました。これまでの「FAIRY RUSH」のラッシュ中は演出モードという概念自体がなかったハズなのでここは嬉しい進化を遂げていましたね。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 緋色の絶望アイリーン

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 5図柄リーチ 水流台風

 

前述の通り本機は転落抽選タイプ。今回の試打では「FAIRY RUSH」中は基本的にバトルリーチ発展時点で大当たりorラッシュ転落が濃厚となりました。昨今主流のロングSTタイプのように「とにかくリーチに発展してくれ…」というものではなく熱い演出が絡んでのリーチ発展を願うゲーム性で、スペック&ゲーム性の項目でも述べた通り昔で言うところのバトルスペックっぽい楽しみ方ができますね。あの時代を経験した方にはたまらないと思いますし、もちろん僕もめちゃくちゃ気に入りました!

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ FAIRY TAIL図柄揃い

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 5図柄揃い ナツ

 

予告演出~リーチ演出の中に1つでも赤系演出が出てくれればかなり熱い印象…というか、今回の実戦では赤系演出発生からのラッシュ転落は未確認。逆に赤系演出が出ていないとけっこうピンチにはなるのですが、それでも最後の復活演出に成功するパターンも何度か確認できたので演出バランスはかなり好印象でした。また、今回は点滅保留が出現した際のバトル発展時は2回中2回が大当たりに当選。もしかするとバトル発展時のラッシュ継続パターン(=大当たりにもラッシュ転落にも当選していない)も存在するかもしれませんが、点滅保留が発生するだけでもかなり期待が持てる演出バランスになっていそうな気がしますね。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 七炎竜RUSH ULTIMATA 7 BURST

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 7図柄揃い

 

そしてもう1つのラッシュが「ラッキートリガー」である「七炎竜RUSH」。スペック・ゲーム性の項目でもご紹介した通り基本的な抽選システムは「FAIRY RUSH」と同じ転落抽選タイプなのですが、こちらは演出構成や見せ方が大きく異なるのが特徴。演出モードはこちらも3種類用意されていますが、いずれも高速変動かつ大当たり時は即当たり演出メイン、そして「ゼレフバトル」「アクノロギアバトル」といったバトル系演出に発展するとラッシュ転落のピンチ(大当たりの可能性もアリ)…といったゲーム性になっています。今回打った感じだと即当たり演出の選択率がかなり高い印象だったのでおそらくバトル発展時点でけっこうヤバい気はするのですが、バトル発展から素直に勝利&敗北後の復活パターンも確認。「七炎竜RUSH」の出玉性能は「アリア」の「超ライトニングバレットラッシュ(ラッキートリガー)」以上とも言われているので、この復活パターン発生時の興奮は凄まじいものがありますね。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ コスプレガールズパトモード

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 違和感演出「シャルルが浮遊していた」

 

「七炎竜RUSH」中の演出モードは「ULTIMATE 7 BURST」「ナツ激震モード」「コスプレガールズパトモード」の3種類。こちらは「FAIRY RUSH」中の演出モードとは異なり、変動中の画面そして予告演出~告知演出まで全く異なる構成となっております。高速消化タイプのラッシュはどうしても演出が単調になってしまいがちなのですが3種類もあれば飽きずに楽しめますな。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ チャンス

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 「否!」

 

さらにこの「七炎竜RUSH」中に約3000個ボーナス(+α)に当選した際は「一夜モード」という専用ボーナスへ突入するのですが、なんとここでも専用の演出モードが3種類存在。「開眼ジャッジメント」「一撃ジャッジメント」「違和感ジャッジメント」はいずれもパロディ系のゆる~い演出構成となっており、特にスロッターの方にはかなりぶっ刺さりそうな予感です(笑)。個人的な一番の好みは「一撃ジャッジメント」。「ちゃんすなのかね?」止まりだとほぼほぼアウトって感じですが、1度でも「否!」が出現すれば大当たりの上乗せに期待!

 

ラッシュに関しては演出ボリュームが凄すぎてどこまでレビューすれば…と悩まされました(笑)。抽選システムは同じでありながら「FAIRY RUSH」と「七炎竜RUSH」では異なるゲーム性を楽しむことができ、それぞれの演出モードは3種類ずつ搭載。さらにはボーナス中まで専用の演出モードを用意…と、「FAIRY TAIL」シリーズはおろか藤商事グループ機種でいっても過去最大に気合が入った造りかもしれません。こいつはマジで打ち込み甲斐がありそうですな。もちろん☆は5つ!

 

 

カスタマイズの充実具合は文句なし。藤商事らしい遊び心があるのも◎

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ カスタマイズ機能☆5

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ カスタマイズ一覧

 

お次はカスタマイズ機能について。まずは通常時に用意されているカスタマイズ機能がこちらです。先読み系から一発告知系、そして音量バランス設定や保留が溜まった際の音声ナビといったサポート系機能まで搭載。最近の藤商事系機種ではもう当たり前という感じではありますが最近の機種の中でもトップクラスの充実具合ですな。

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ ウェンディ

 

本機の「ラッキーエアー」発動タイミングでは「ウェンディ」による液晶告知が同時に発生するパターンも確認! そういえば「P地獄少女」では「閻魔あい」が息を吹きかけてくれる演出があったなぁ(笑)。「ウェンディ」は作中でも風(空気)を用いた魔法を使用するということでまさに適任ですな。「アリア」なんかでも先フラッシュモードのバリエーションが物凄かったですし、藤商事グループさんのカスタマイズ系機能は独自のアレンジが加えられているのが素晴らしい!

 

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ ゲームカスタマイズ 先ローリングモード

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ PUSHボタン

 

続いてラッシュ中のカスタマイズ機能。基本的には通常時とほぼ同じものが搭載されておりますが、「連打で告知!ラッキーパトモード」と「ボタンバイブUP」のみ非搭載となっていました。おそらくラッシュ中に発生する演出との兼ね合いで搭載が難しかったんですかね。それでも先読み系から一発告知系まで十分な選択肢があるので不満を感じる方はまずいないハズ。元々ラッシュ中の演出モードも充実していますし、カスタマイズ機能と組み合わせれば相当な打ち込み甲斐がありそうですな!

 

ラッシュ中に選択できない項目があったのは残念ですが、それでも他機種のカスタマイズ機能と比べてなんら遜色ないレベル。「ラッキーエアー」をはじめとした藤商事グループならではの遊び心もあったり、他機種(他メーカー)の一歩先を行く完成度だと思います!☆は5つ!

 

 

今年は藤商事の年になる!?

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 総合評価☆5

 

先程もお伝えした通り筆者は「FAIRY TAIL」という作品は漫画・アニメともに未履修。そしてこれまでに登場したシリーズ機も全て数回ずつ触れた程度だったので、失礼ながらそこまで期待をしていたワケではなかったのですが…今回の試打を経て印象は一変。スペック面・演出面ともに本機にしかない魅力を存分に感じることができ、今シーズントップクラスの注目機種へと躍り出ました。先月登場した「アリア」もかなり好調ですし、もしかすると今年は藤商事の年になるのかも…!? と思わせてくれる素晴らしい完成度! ☆は5つ!

 

 

今回のレビュー結果

 

P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ 総合レビュー☆4.8

 

「P FAIRY TAIL これが七炎竜の力だ」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコンリーチ最終盤の原画カットインがマジで神。僕みたいに原作を知らない方も1度は体験して欲しい!

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 5ガリぞうが主に打っている機種の設定推測ポイントを解説!【収支日記#211:2024年3月12日(火)~2024年3月18日(月)】1

    ガリぞうが主に打っている機種の設定推測ポイントを解説!【収支日記#211:2024年3月12日(火)~2024年3月18日(月)】

  • 6【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?1

    【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 7【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8あおいが「1GAME」で「男の娘」になった理由とは?色々あった裏側を聞いてみた!895

    あおいが「1GAME」で「男の娘」になった理由とは?色々あった裏側を聞いてみた!

  • 9【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 10【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • もっと見る