【期待値】パチンコ・パチスロ攻略サイトでよく見る単語だけどもう一回意味をおさらい!

【期待値】パチンコ・パチスロ攻略サイトでよく見る単語だけどもう一回意味をおさらい! eyecatch-image

バックナンバーはこちら

あしの プロフィール
あしの

「浅草に住むサブカル・ギャンブル系フリーライター。ペンネームの由来は4号機『バクチョウ(メーシー)』の主人公あしの君から。いろんな所でちょいちょい書かせて頂いております。

Twitter
https://twitter.com/Slot_Ashino

チワッスあしのです。

 

パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「期待値」について。攻略サイトなどでよく目にする単語なのですが、改めて初心者の方に用語の解説をしてみます。良かったら一緒に勉強しましょう。どうぞ!

 

 

まずは言葉の意味をば。

 

業界豆知識 画像1

 

「期待値」は数学用語でいうと加重平均の意味になるのですが、ギャンブルにおいてはそれに加え「ゲイン(報酬)の見込み値」という意味も含めた言葉として使われます。そしてこれはかなり一般的な考え方で、パチンコやパチスロ以外にも、ボートレースやら麻雀にも使われます。

 

勝敗が存在するあらゆる物事に応用が効く「ゲーム理論」という学問においても出てくる単語なので、別にパチンコパチスロに特化した単語では全然ないです。ちょっと面白い例では「格闘ゲーム」にも期待値理論は存在します。筆者は見たことないですけど、もしかしたらビジネス用語としても使われてるかもしれません。とにかくだいぶ幅広く使われています。

 

実際、何を持って期待値というのか。

 

数式を使わずにゴリ押しで説明しますが、これは得られるゲインと、それに対するリスクを計算した場合に出てくる、どのくらいプラスになるか、あるいはマイナスになるかを表した数字になります。パチンコの場合は「遊タイム」、パチスロの場合は「天井」(獲得期待枚数-必要投資枚数)でよく使われるほか、ノーマル機では1ゲームあたりの期待値や、パチンコではボーダーを利用して終日打った場合の期待値なんかも割り出せます。

 

分かりやすい例では、設定6で109%のノーマル機があった場合、1ゲームあたりの期待値は+0.27枚になり、逆に97%の台だと-0.09枚になります。このように、期待値にはプラスもあればマイナスもあります。マイナスの台ばっかりを打ってたら当然負ける公算が大きくなるゆえ、勝ちにこだわる場合には基本的に期待値が高い状況の台を、可能な限り長時間打つ、というのが大前提となります。これを「期待値稼働」といいます。

 

 

ブレる前提ゆえ「時間」がとにかく大事。

 

業界豆知識 画像2

 

さて期待値稼働の場合、「期待値を積む」という考え方が必要になります。なぜなら期待値はあくまで期待値で「スペックから計算した数字」でしかないため、実際の結果はブレます。下ブレもあれば逆に上ブレすることもあるのですけども、それらを平たくすると、段々と期待値通りの数字に落ち着いてくはず。

 

例えば天井が近い台のみを打つ。設定が炙られた機種のみを打つ。チャンス周期の一定期間だけ打つ。など。まあ期待値の積み方はそれぞれですが、とにかく試行回数をこなして稼働を稼がないと安定しないので、なにより「時間」が大事になります。なぜなら「ちょっと浮いたら即辞め」みたいなライトな立ち回りとは真逆で、期待値がプラスの台はひたすら打ち続けて「積む」必要があるから。ツモったら終日が鉄則です。

 

また、「メンタル」もかなり大事です。前述のように期待値がプラスの台を打ったとて確実に結果が付いてくるわけじゃありません。下ブレが続いた時には精神的なダメージもあるでしょう。でも打たなきゃ何も始まらんので文句を言わずに打ち続けるしかない。なのでこれ、期待値をひたすら追い続ける稼働というのはほとんど「仕事」と同義になっていきます。好きな台を好きな感じで打つのとはちょっと違うんですね。

 

一方で、パチンコやパチスロは「勝ってこそ面白い」という考え方もあります。そういう意味では期待値稼働特化の人はなによりも「楽しさを追い求めてる」とも言えますし、これに関してはどっちが上とか下とかはないです。個人的には打ちたいなぁと思う機種に着座できたら、釘のクセが悪くてボーダーを下回ってる台とかも苦笑いしながら回しちゃいますし、どう考えても設定低いだろうなぁと思う台も打ちたけりゃ打っちゃいます。だから負けてるんですが、それでも充分楽しいですし満足してます。

 

勝つためには期待値稼働というのはある意味で必須の考え方ですが、「あう・あわない」は絶対あると思いますし、そしてあわない場合は、無理してやんなくてもいいかなと。そう思ってます。「楽しむ」というのが大前提ですからね!

 

 

業界豆知識 画像3オッサンには長時間の稼働は辛い(腰痛と腱鞘炎)

この記事を共有

いいね!する

101

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る