×

【27ライン機】史上最も有効ライン数が多かった機種についてふわっと解説。

【27ライン機】史上最も有効ライン数が多かった機種についてふわっと解説。 eyecatch-image

チワッスあしのです。

 

パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回はパチスロ史上最も有効ラインが多かった機種として知られる山佐の『トゥエンティーセブン』について。その有効ライン数27! なんともそのまんまの機種名でイカしてますが、どんな機種だったのか見てみましょう! どうぞ。 

 

 

3かける3かける3=27

 

史上最多は27ラインの 「トゥエンティーセブン」

 

3リール機の場合、有効ラインのマックスは3*3*3で27ラインになります。そうなると「3つのリールにそれぞれどんな形であれ7が止まれば当たり」になるわけですが、これ実際に作ったら結構インパクトがあるんじゃないか? という少年のようなわんぱくなアイデアで作られた機種というのが実際にあります。それが山佐さんの『トゥエンティーセブン』ですね。4号機の終盤、2004年の機種でした。

 

スペック的にはCタイプ。つまりビッグボーナス非搭載タイプでした。当時Cタイプといえば『北斗の拳』がブイブイいわしてる頃でそれを追随するかの如く同様の機種がいくつか出ておりました。が、北斗が凄すぎたせいか他はあまりパッとせず。山佐さんは当該機のほかに『ネオファラオゼッツ』もたしかCタイプだった気がしますが、どちらもスロ史のメインストリートを彩るというよりも、路傍で咲く徒花のような印象です。

 

今のパチスロと当時のパチスロというのは考え方がだいぶ違い、その原因の大部分は「サイレントストック」に起因しています。要は成立したボーナスを一旦内部的に貯留しておき、折を見てまとめてブッ放すみたいな感じ。これによりシステム的にリアルボーナスの連チャンが可能になっており、意図的に出玉に緩急をつけることができるようになっていました。『トゥエンティーセブン』も同じくですね。一回7が揃うと(モードにもよりますが)連チャンモードにいき、抜けるまで揃いまくると。

 

んで、この際に問題になるのは「ストックの有無」ですね。ストック機はストックがないと連チャンしません。この状態を「ストック切れ」といいますが、まあ意図的にストックを消滅させるような酷い店じゃない限り、基本的には各種ストックは切れない仕組みになっておりました。なぜかというと「ボーナス成立確率がめちゃ高かったから」です。

 

現在は型式試験の際に「成立した役を全て取る」という「シミュレーション試験」なるものがあるので無理ですが、当時は「揃わねぇものは揃わねぇ」と切って捨てて潔くフリー打ちしてたのでボーナス成立確率はわりとどうでもよく、「放出確率」のほうが大事でした。なので各メーカーともストック切れ対策のために可能な限りボーナス確率を高くする方向で先鋭化していた感じです。んでこの「ボーナス確率」というのは有効ライン数に大きく依存しております。ふわっとした説明で申し訳ありませんが、有効ラインが増えれば増えるほどボーナス確率の最大値は上がっていくと考えてください。なのでストック機の場合は通常の払い出しラインにL字等のラインを2本加えた「7ライン機」が多く見られました。

 

この「ボーナス確率」の最大値に関する規定はREGも同様。したがって表題の『トゥエンティーセブン』は史上もっとも有効ライン数が多かった機種であると同時に理論上は「史上もっともボーナス(REG)確率が高く出来た機種」でもあります。実際見てみるとその確率は「1/10」です。すげえ! もちろんこれは1/10でREGが揃うという意味じゃなくて、あくまで内部的に成立する確率、なのですけどもね。ちなみに同じくCタイプの北斗は約1/32なので、比べてみると『トゥエンティーセブン』のストック確率がいかに高かったかが分かるかと思います。まあ実際に打つ上ではあんまり関係ない数字ですけども。

 

 

史上初の1ライン機は?

 

今では珍しくない 1ライン機

 

逆に有効ラインが少ない機種をみてみましょう。5号機になると諸々の事情により珍しくとも何ともなくなった「1ライン機」ですが、これを最初に採用したのは4号機の『キングキャメル』です。この機種に関しては疑似リールが衝撃的すぎて相対的に忘れがちなのですが、地味に史上初の1ライン。そして1ラインの『キングキャメル』が2003年発売で、27ラインの『トゥエンティーセブン』が2004年発売。稼働期間は一応被ってるので、もしかしたら両者を並べて設置してたお店もあるかもしれない。同じホール内で隣り合わせにライン数が27倍差の機種があったかもしれないというのは、よく考えると結構衝撃的です。如何に爛熟の時だったか、当時が偲ばれますな。

 

と、ここまで偉そうに書いといて、筆者『トゥエンティーセブン』を打ったことは数えるほどしかありません。単純に「あんまりピンと来なかった」からです。27ライン機にすると当然「目押し」はほぼ不要になります。小役だけじゃなくてボーナスすら。いまはそうでもないのですが当時はそこがどうしても気になり、自分の中で「色モノ」な扱いをしてました。面白い試みだなぁと思いはしたのですけどね。

 

 

業界豆知識あしの 画像3初打ちでスゲー出たのは覚えてます

この記事を共有

いいね!する

26

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る