×

【設定打ち替え】遠い昔のパチンコ屋さんには色々と奇天烈なサービスが存在した!

【設定打ち替え】遠い昔のパチンコ屋さんには色々と奇天烈なサービスが存在した! eyecatch-image

チワッスあしのです。

 

パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「店舗の独自サービス」について。これは思いっきり地域差がありますし年代によっても違うのでデータベース化は無理なのですが、知ってる範囲や聞いたことある範囲で解説します。今の若いユーザーさんにとっては噴飯ものかも? それではどうぞ!

 

 

今とぜんぜん違うサービス群

 

業界豆知識あしの 画像1

 

まず大前提として、これから挙げるサービスは「今はもう絶対無理」です。これは「昔はよかった」とかいう話ではなく、どっちかってと「昔はイカれてた」という風にお捉えくださいませ。んで「昔」というのがいつなのか。これは近くても90年代後半とかです。ミレニアムを迎えるとそういう店舗もドンドン減っていき、逆にそれを遡ると凶悪度が増していきます。ただ、残念ながら筆者はその当時のことを知りません。なので、これをお読みの古豪の選手のみなさまは「もっとすげえのあったぞ」みたいなコメントをドシドシお書きくださいませ。どっかのタイミングで記事内に反映させます。絶対筆者よりすげえの知ってる先輩がおられるはずなので。

 

と、前置きはここまで。解説します。

 

まず今とは違う意味での「来店ポイント」というのがありました。これは地域によって呼び方が違うとのこと。このネタをくださったのが大阪のかたなのでもしかしたら関西での呼称かもしれない。東京では「スタンプ」と言ったほうが通りが良いかも。これはそのまんま「ホールに来たらスタッフさんがスタンプカードに印鑑をおしてくれる」というもので、一定数貯まると様々な恩恵をゲットできる、みたいなサービスでした。これ筆者が打ち始めた頃にはギリギリで息をしていた気がします。

 

んでポイントが貯まった場合のサービスの内容ですが、基本的には営業中の設定の打ち替えです。んなバカなと思うかもしれないのですがマジでそういうサービスがあったのだから仕方ない。他には「新台予約」とか「設定確認」とか。この辺もメジャーだと思います。「確認」に関しては別にスタンプ貯めなくても閉店まで打ってりゃ見せてくれるお店も普通にありましたけども。またスタンプ・来店ポイントのため方ですが、これも「普通に打ってればスタッフさんが回ってきて押してくれる」というのもありつつ、打ち替え等のエクストリームなサービスを行ってるお店では「ボーナスの早掛け」、つまりはシマで早くにボーナスを引いたら一個押してくれるお店もあり。貯めるのが難しい分リターンは強力で、これで某爆裂CT機の6を打った人がわりと身近におります。

 

あと誕生日。これは「高設定台の予約」でお店がお祝いしてくれるというサービスが有名です。機種の指定まで出来たかどうかはお店によると思うのですが、たぶん出来た店も普通にあったのではないかと思います。もしかしたら「結婚記念日」に夫婦で訪れたお客さんになんか凄い事やってたホールも、日本中探したら一軒くらいあるかもしれません。

 

それから最近は『Pアレジン』でまた脚光を浴びていますが、当時のパチンコには「モーニング」というのが付いてる機種があり、朝イチに強力な恩恵がありました。これは機械側の話なのですが、そうじゃなくて店側のサービスとして営業中の決まった時間に電源を落として再投入、再度朝イチ状態にするのを「イブニング」とするところもあったとのこと。筆者は見たことないですがたまに聞く話ですしいかにもありそう。

 

さらに時代を遡るともはやカオスが行き過ぎて訳わからなくなります。たとえばその昔、シマ設備がない頃は「台の後ろにスタッフが立って玉を流してくれていた」らしく、その頃はそのスタッフさん(主に女性)と仲良くなると、当たってないのに玉をジャンジャン流してくれるという謎のサービスもあったそうです。これをサービスと言っていいのかどうか微妙なのですが、実際にそれで食ってた人というのがマジでいたそうです。ソースはうちの父。父もその人についてよくパチンコに行ってたらしく、その時は「もはや玉打ってなくても流してくれてた」との事で、そもそもパチンコってなんだろうという素朴な疑問も湧いて来る始末。特殊な例ですがこういうのもあったと。

 

 

当たり前だったこともナシに。

 

業界豆知識あしの 画像2

 

一方、そういう独自ルールじゃなくて標準装備だったサービスの中にも今では姿を消してしまっているものもあります。

 

代表的な例では「閉店補償」ですね。これは確変中とかに閉店を迎えた際、一定量の出玉を補償してくれるというもの。補償される玉の数と閉店までの時間によっては、打つのを止めて閉店を待ったほうがお得になるという局面もあったそうです。筆者が打ち始めた頃にもこれはありましたが、いつも九時頃には帰ってたので実際に補償を受けた事はなし。またそれに付随して、「確変据え置き」もなくなりました。これも結構普通だった気が。

 

あとは景品を買い取ってくれる魔法のお店の場所もホールはいつの頃か教えてくれなくなりました。昔は大量に交換する時、それが女性のお客さんであるなら安全のため買取店までボディガードしてくれるサービスまで存在したのですが、今は訊ねても教えてくれません。致し方なし。どうしてもわからないなら誰かが交換するのを待って後ろをストーキングしましょう。それからスタッフさんの目押しサービスもそうですね。これ無くなるとは思ってませんでした。

 

こういうのはやっぱり、法に則った営業というのを突き詰めていけば姿を消して然るべきものでして。ちょっと寂しい気もしつつ、「イカれた時代からの脱却」という意味では正道なんだろうなと。ややイカれてるくらいが面白くはあったのですけど、致し方なし。

 

 

業界豆知識あしの 画像3もっとすげえサービスがたくさんあったはず!

この記事を共有

いいね!する

61
  • 1:2022-06-15 12:21:28設定確認やポイントでの予約など、そこそこ恩恵を受けていましたが、ある店ではポイント制をいきなり終了して今まで貯めてたらお客さんからクレームが出まくっていましたね。もちろん店は無視ですが。 景品交換所は、県の条例か何かで、敷地内にないとダメになったり、その後店から一定以上離れてないといけなくなったりと、パチ店自体は変わらないのに何度も移動したのを覚えています。
  • 2:2022-06-15 13:52:23誕生日にクジを引けて設定6打ち替え券とか入ってる中、併設店のランチ1回無料券を引いたわ
  • 3:2022-06-15 14:00:242 ワロタ
  • 4:2022-06-15 15:45:18「確変持越し」は今もあるけど、これは大阪だけなんかな?
  • 5:2022-06-15 16:18:50こちらにはない 地域差だろうな〜
  • 6:2022-06-15 16:48:27エグい○モノとかは、見た目設定6でも、裏設定があったりとかね お客さんに見せる用の設定打ち替えとか普通だったり。 このあたりは狐と狸の化かし合いと言うか。
  • 7:2022-06-15 18:59:27閉店後に設定発表してほしいわ。閉店後なら別にいいじゃんって思う
  • 8:2022-06-15 22:29:56目の前で一発台の釘たたいて甘くしたと言うのもあったな・・・ 一回しか見たこと無いけど・・・
  • 9:2022-06-16 01:01:11一発台は命釘に玉が引っ掛かったら大当たり 羽根モノは羽根に玉が挟まったらV入賞 地元ではデフォのサービスでした。
  • 10:2022-06-16 05:27:55指定の大当たり回数までBIGを引くと設定を教えてくれるイベントがありました。7回とか10回とかだったかな。
  • 11:2022-06-16 08:52:12グリンピは3000枚以上?出ると後日出玉グラフと設定が書いてあるパネルがもらえましたね。でも高設定じゃなかった場合は書いてありませんでした。 他にもコインサンドから金色のメダルが出てきたら高設定打ち替えとか、メダル手づかみで50枚ぴったりだったら高設定打てるとか、色んなイベントがあったものです。
  • 12:2022-06-16 11:03:20前日に台指定の予約サービス始めた店があって、高設定入れてくれるかなと期待して初利用者になったのだが、全然出ない低設定で負けたため、俺が最初で最後の利用者になりました。
  • 13:2022-06-16 12:12:03ダイナマイトの全台37は壮観だった^_^ 前橋まで打ちに行った^ - ^
  • 14:2022-06-16 12:29:30朝7時に並んでる全員と店長のジャンケン大会があって、勝ち残った一人が店長に設定6の台まで案内されるっていうイベントがあったのを覚えてる
  • 15:2022-06-16 12:54:06クレオフは多かったんじゃないかな? 朝一のボーナス後に自動でクレジット50枚が払い出しになったら設定○○以上だったり設定6確定とかイベントで使い分けてある店に良く行きましたね
  • 16:2022-06-16 13:41:24リニューアルオープンの時に振舞い酒があったお店は知っています
  • 17:2022-06-16 14:13:182000年なった頃から打ち始めたが(ほぼパチンコ専門)、閉店補償は受けたことがあるよ。 その県どこでも受けられるというメジャーなサービスというわけではなく、1つの店だけだったが。 海物語で確変中に閉店で、3箱くらいだったかな?もらった記憶がある。  とある県の県庁所在地。 地元は同じ県の田舎町の方だけど、そっちはそういうサービスはなかったと思う。 今は時間に自由がある仕事してるから、閉店補償じゃなくて確変持ち越しの大阪みたいなサービス受けられたら次の日頑張って早起きして行くのにな…
  • 18:2022-06-16 14:23:26そんなに混んでない店だけど毎月最終金土日の3日間だけ密かにイベントやっていて、朝並んでいた客だけ設定6打ち替えありました。それでも3〜4人くらいしかいなかったのでドンだけ緩かったことか。 パチンコではなかなか釘あけというのも難しいのかそのようなサービスは滅多にないですが、直接的にイベント日だけ馬鹿みたいに釘が開いている台が数台、というお店を何度か見かけたことがあります。
  • 19:2022-06-16 15:20:47権利物 特に三回権利物は、権利中にハマっても 終了後、三回分の出玉保証があった ちゃんと6,000発出るまで、玉をアタッカーに入れてくれてた
  • 20:2022-06-16 18:17:38タイムサービスもありましたよ一発台で打ち止め定量数が2倍に増える時間帯。
  • 21:2022-06-16 19:48:44大阪ですが、夕方になると店員さんがスロットの台を全部回って、サイコロ振って6が出たら設定を6に打ち直してくれたり。万枚出すと翌日も好きな台の6を打てるとか。普通にスロットを打ってたら、店員さんが設定6の台を教えてくれたり。あの頃は凄かった。
  • 22:2022-06-16 19:53:51昔、小学生の時に父の横で普通にパチンコ打ってましたわ
  • 23:2022-06-16 20:47:15入店順番抽選を行い、順番3番までが設定6を打てる。1番目の人は定員より、AとBとC機種が6ですけど、打ちますか?と聞かれる。 2番目が残りの2機種から選ぶ。 3番目が最後の1機種を選ぶ。 15年位前だと思います。 東京です。
  • 24:2022-06-16 21:15:11東京でスロットでは記念日の抽選で高設定が当たったら、設定事態もちゃんと見せてくれました。 2時間だけとか時間制限もありましたが、さくらよりも立派な仕事ができていたんじゃないかな(笑)
  • 25:2022-06-16 22:06:01久我山のパチ屋はグランドオープン時、スロットのみだけど、複数の島が全台一回転でBIG確定でした。私はサンダーVでしたが、夕方オープンで閉店まで4時間しかなかったかな。
  • 26:2022-06-16 23:10:32昔のパチンコはエグかった 釘が悪いと店に言うと釘師がその場で調整してくれたり 通常500回毎にドル箱1つプレゼント イベント時の高設定台の印(シール)が台の何処かに貼られているナド 1人2台打ちなんてのも勿論ハンドルにコイン挿して手放しで玉が飛ぶ仕様になってました
  • 27:2022-06-17 08:06:57私の時代はモーニングが盛んで、朝一入った状態のスロットや権利物のパチたくさんありました。私の働いていた店はホー助君のVの台を抽選で開放(毎日)、スロットは開店前に店員で頑張って回してましたねwそれだけでくってるお客さんも何人もいたな。でも換金所が開店1時間後まで開かなくて一応使ってもらう努力はしてた。 あと、地域によっては朝一パチの箱に出玉満タンに入ってる店もあった、激戦区だったけど……w
  • 28:2022-06-17 10:19:10朝イチの出目とかもありましたねえ。 7揃い、バー揃い、バラけ目。 直線だったり右上がり、右下がり。 バラけ目と思ったらパルサーのリーチ目だったりとか。
  • 29:2022-06-17 11:07:474号機吉宗で全台八代将軍ランプ点灯状態でオープンとか、夕方になったら店内全台設定公開してくれるとかあったなあ 懐かしい
  • 30:2022-06-17 11:12:18ポイントカードとかボーナス引く度にポイントくれる店とかも結構ありましたよ。 必要枚数貯まると好きな機種を設定6な出来ました。 他にもビック、バケな両方とも7回に出来れば設定6 なんて店もありました。 パチンコも独自性高い店は多くギャラクシー何かは特定図柄で当たったらプラス何千発をもらえる店なんかもありました。
  • 31:2022-06-17 11:56:19新潟住み現在50代後半の私が26歳の頃パチ屋店員だった時、アレパチアレジンをイベント前日夜閉店後ゲージ棒を使って全台(26台)大当たりパンク状態にしてました。翌朝開店時には鉄火場と化してましたよ。26台全台1.3.5.7のゾロ目揃いは圧巻でしたね。
  • 32:2022-06-17 12:00:55私がスロット参入したのは4号機の後期(北斗とかスーパーブラックジャックとか)なのですが、あの時代のイベントと言えば朝一吉宗全台高確率だったり、5号機になると夜23時にいきなりメール来て明日ジャグラー全台56とか緑ドン全台56みたいな唐突告知メールで何回仕事休んだか(笑)
  • 33:2022-06-17 12:02:24もう1つネタですが… 綱取物語ではタイムサービスで15時、18時に電源OFF朝一出目サービスなるものもありましたね~
  • 34:2022-06-17 12:24:30大漁2全台モーニングで光っていましたが、人気ないのと気づかれにくかったのか、開店一時間くらい放置されている台ありました
  • 35:2022-06-17 13:28:58初代ゴッドは取りきれない時に次の日も打たせてくれたなぁ
  • 36:2022-06-17 23:03:49大阪南部ですが、誕生日月に好きな設定を3日打てるというのがありました その店の会員になっていれば🆗でした 5000枚で打ち止めでしたけど 当時の機種構成は大花火アステカアレックス等
  • 37:2022-06-18 03:02:26子供の頃に親父に連れられてパチンコ打ちに行ってた…今じゃ絶対に有り得ない… 500円で筒を両手で上に押し出して玉借りるシステムだった頃…
  • 38:2022-06-18 05:51:27朝一抽選の先頭10名は島に1台設定6が座れるとか、サービスではないけど◯リ◯ン◯ー◯の女子アルバイトと破廉恥飲み会とか、、お世話になりましたw
  • 39:2022-06-18 10:50:08確変取りきれない時翌日打てるのは良くありましたが、現金機の確変機(単に小デジが当たりやすくなるだけで大当たり確率は変わらない)は、確変滞在時間が長く、4日連続確変状態で終わりというのを経験しました。最後は嫌になって途中で切り上げましたけどね。学生時代時間が有り余っているから出来ることでした
  • 40:2022-06-18 10:51:09そういえば、四ツ谷かどこかのスロ屋で、何かを達成すればニューパルの設定6を1か月打てるというイベントありませんでしたっけ。
  • 41:2022-06-23 13:31:391.CR機の出始めの頃、パッキーに当りのスタンプが押して有れば、確変状態の台を打たせてくれた。 2.閉店補償でサイコロの出目の数ドル箱が補償された。(1箱2200玉換算でした。) 3.閉店補償で店員とジャンケンで勝ったら1箱上乗せ(1箱2000玉換算)
  • 42:2022-06-26 21:12:01大分にいた頃、機種ごとに指定のビッグ回数が設定してあって(例えばジャグなら22回目とか)その回数に到達した際にスタンプ1個もらえるってのがあったよ。 好きな機種をスタンプ20個で設定4、25個で設定5、30個で設定6が打てたから、スタンプ捺印の回数に近い台(前述のジャグならビッグ20回ついてる台を22回になるまで打つとか)を粘って打ってスタンプ取りまくって6の北斗とか猪木とか打ってたなあー(笑) その店ではイベントで3日間のうちに6を100台投入する『100アンコウ』イベもやってて、翌日には前日に6だった台に『昨日アンコウでした』って紙が貼ってあったり(笑) 普通に据置の台とかもあったから、ジャグとかリセ判して据6ぶん回してたりもしたね。 ここまで書いたら知ってる人は店名が分かると思うけど、20年前は大学行かずにその店で同期の5〜6人で勝ちまくってたわー。 いい思い出☆

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る