×

【遠征】まだ見ぬ遠くの街のパチンコ屋へ征くのは何のため?

【遠征】まだ見ぬ遠くの街のパチンコ屋へ征くのは何のため? eyecatch-image

チワッスあしのです。

 

パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「遠征」について。読んで字の如く「遠くに征く」から遠征なのは分かるのですが、これそもそも何のためにいってるのか。ちょっとチェックしてみましょう。

 

 

筆者はあんまり行かないけど

 

遠征する?しない?

 

いわゆる「ガチ勢」という方々がいて、そういう人に関しては遠征は割りと日常茶飯事のことであるそうです。が、筆者はどっちかというと趣味で打ってるのでいちいち遠征とかは行かず。そりゃ旅先で打ったりするので北は札幌から南は石垣島まで一応は行ったことありますが、遠征とはそういうものではなく。あくまで主目的として「ホールへ行く」というのがないと成り立たない単語であると言えましょう。

 

そういう意味では筆者が行った一番遠い遠征は「名古屋」であります。当時は九州に住んでたのでそっから名古屋。かなり遠い。夜行バスで行きました。名古屋に住む友達から、当時全盛期であった初代「北斗の拳」の全6やる店があるぜというので向かったのですが、それを聞いたのが開催の1日前。そこから仕事終わりに夜行バスに飛び乗り半日くらいかけて向かい、着いたのが朝8時とか。当然その時間から並んでも北斗には座れず。いっそこのまま帰ったろかとも思ったのですが、せっかくなので「吉宗」に座ったところ設定とは全く関係のない自らのヒキのみで5,000枚くらい出すというちょっとしたミラクルを体験しました。

 

ちょっとこれは特殊な例でしたが、基本的にはそんなに遠くで打つことは無く。したがって遠征にまつわるエピソードなんかもあんまりありません。ガチプロの人なんかに話をきくと、遠征先のジグマと仲良くなったりとか、場所取りを巡って警察が出動する騒ぎになったりとかがちょいちょい出てきて非常に面白い。けども筆者にはそういう青春時代はありませんでした。地元で黙々と打ってるのみ。ちょっと残念です。

 

さて、パチンコ・パチスロにおける「遠征」ですが、まあこれもフワッとした単語なのでどっからどこまでが遠征なのかは定義されておらず。んじゃこれ、例によって勝手に定義づけしましょう。

 

 

遠征の定義を聞いてみましょう。

 

日本全国へ遠征していた人も多い

 

とりあえず遠征行ったことある人を探して何人か連絡してみました。直接の知り合いではなかなか厳しそうだったので、フレンドオブアフレンド方式で聞いてもらったところこんな話がありました。ちと話の内容がアレなのでどんな人かは置いとくとして、仮にA氏としましょうか。曰く、4号機の中盤頃は頻繁に遠征に行っていたとの事。まだネットが怪しい時代です。あんまりシステマティックに情報を集められるような感じではなく、もっとアンダーグラウンドなサイトで、いわゆる同好の士があつまるグループ同士で情報を共有していたそうなのですが、いわゆる激アツイベントみたいなのが共有されると、よっぽどじゃない限りどこでも行ってたそうです。

 

「どこでもって、どこまで?」
「どこまでもだよ。北海道も行ったし、もし情報があれば沖縄も普通に行ってたよ。実際は沖縄は行ってないけど」
「それ、交通費とかでマイナスにならない?」
「全然ならないよ。あの頃は6っていったら頭おかしいからさ。余裕でプラスだよ」

 

とのこと。実際彼(というか彼のグループ)は日本全国飛び回っておったらしく、生涯収入の半分くらいはその時期に抜いたものであるらしい。5号機になると半分くらいの仲間が辞め、そして彼自身も今はもうホール通いはヤメちゃったそうなのですが、そういう立ち回り(?)は空くまで6をツモったときのゲインがそれ相応にデカかったからこそ使えた技であるようです。

 

「ちなみにそれって、どのくらいの頻度で行ってたの?」
「遠征? 月に1回とか2回とか……。あとは車で行ける範囲でやってた」
「当時の面白い話は何かない?」
「グループで行ってアツい台を一気に抑えちゃうから、遠征先で揉めるとかはしょっちゅうだった。ケンカとかにはなったことはないけど、何回か怖い人に土下座したことはある。あとあんまり無かったけど、ガセ情報を掴まされたときは仲間内でもいさかいが起きたり。逆にめちゃくちゃ勝ったときは夜みんなで豪遊したりして楽しかった」

 

んー、なるほどねぇ。というか当時の遠征プロ? の話は別の人からも何回か聞いたことあり。まあ大体似通ってるんで実際こんな感じだったんだろうと推察します。あとはちょっとここには書けないようなエグい話が結構出てきたんですが、大人の判断で割愛。○○○コ○○の情報をつかむのがめちゃくちゃ早くて死ぬほど抜いたとか。置いときます。

 

はい最後に、遠征の距離のアンケートを貼っておしまいにしましょう。本日は以上。ちょっと自分でやったことがあんまりないので、もし遠征のおもしろエピソードをお持ちの方は是非コメントにて教えてくださいまし。

 

 

 

 

業界豆知識あしの 画像3新幹線・飛行機は流石に設問ミスったかと思ったら7.4%いた

この記事を共有

いいね!する

24
  • 1:2022-07-11 12:38:02遠征というか、近場の機械に飽きてきた頃に、地方のみなし機を打ちに行ったのは時々ありましたが、2007年頃の旧要件機強制撤去と、その後のみなし機設置禁止制限によりどの店でも同じようなラインナップとなってしまい、わざわざ出かけることも無くなりましたね。勝ちにこだわる人なら甘い店探しに行くのかもしれませんが、労力の割に見返りが少ないですよ今は。
  • 2:2022-07-11 19:35:51近所のパチ屋で十分
  • 3:2022-07-12 11:16:21カミヒコーキかな?(すっとぼけ)
  • 4:2022-07-12 14:37:18遠出して負けた時のガッカリ感
  • 5:2022-07-12 21:28:19今はどこの店に行っても台のラインナップが同じだから、遠征する意味がありません。
  • 6:2022-07-13 08:49:25パチンコで勝ちすぎて飽きた時に、気分を変えるために旅打ちしたものです(いい時代だった)。ただ古い機種や珍しい機種を打つくらいなら、都内のレトロ店を探した方が楽しく遊べました。

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る