日遊協庄司会長、「業務に問題ない」と強調

日遊協庄司会長、「業務に問題ない」と強調 eyecatch-image

 日本遊技関連事業協会は7月18日の理事会後に記者会見を開き、病気療養中だった庄司孝輝会長が出席した。庄司会長は「1ヵ月ばかり休養した。7月3日から(公務を)再開している。皆さんにはご迷惑をかけた」と述べたほか、今後の業務については問題ないと強調した。

 一方、依存対策の一環として日遊協が中心になって作成している、本人同意のない家族申告プログラムの進捗について堀内文隆専務理事が報告し、現在、日遊協が案を作成し、全日遊連に提示していると述べた。

(提供:月刊グリーンべると)

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る