3代目『ガオガオキング』、突破型スペックで登場

3代目『ガオガオキング』、突破型スペックで登場 eyecatch-image

 サミーはこの度、パチンコ新機種『Pガオガオキング3』及び『デジハネPAガオガオキング3』を発表した。いずれも製造元は銀座。

 3代目となる本機は、ヘソ大当たり後の電サポ中に大当たりを引戻せば、大当たり確変割合が100%となる「突破型スペック」。

 ドラムタイプで、演出時にT-REXが登場すれば大チャンス。ロゴVISIONとメインドラムにダブルのT-REXが出現すれば期待度はさらに高まる。

 納品は10月下旬。

 主なスペックは以下の通り。

『Pガオガオキング3』

大当たり確率:約1/199.8(高確率時:約1/62.5)
確変割合:ヘソ20%、電チュー100%(ST100回)
電サポ回数:77回or100回
大当たり出玉:10R約1,080個、8R約864個、6R約648個、4R約432個
賞球:1&3&5&12
大当たり振分け
・ヘソ=10R確変(ST100回)20%、8R通常(電サポ77回)20%、6R通常(電サポ77回)25%、4R通常(電サポ77回)35%
・電チュー=10R確変(ST100回)50%、8R確変(ST100回)15%、6R確変(ST100回)15%、4R確変(ST100回)20%
『デジハネPAガオガオキング3』
大当たり確率:約1/99.9(高確率時:約1/33.3)
確変割合:ヘソ1%、電チュー100%(ST30回)
電サポ回数:40回or100回
大当たり出玉:10R約810個、8R約648個、6R約486個、4R約324個
賞球:1&3&5&9
大当たり振分け
・ヘソ=10R確変(ST30回+電サポ70回)1%、8R通常(電サポ40回)20%、6R通常(電サポ40回)29%、4R通常(電サポ40回)50%
・電チュー=10R確変(ST30回+電サポ70回)20%、8R確変(ST30回+電サポ70回)22%、6R確変(ST30回+電サポ70回)23%、4R確変(ST30回+電サポ70回)35%

(C)Sammy

(提供:月刊グリーンべると)

提供:月刊グリーンべると 画像1

この記事を共有

いいね!する

2

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る