ガリぞうが10年前と21年前の年明け稼働を振り返る【収支日記#40:2020年12月29日(火)~2021年1月4日(月)】 (1/3)

ガリぞうが10年前と21年前の年明け稼働を振り返る【収支日記#40:2020年12月29日(火)~2021年1月4日(月)】 eyecatch-image

バックナンバーはこちら

ガリぞう プロフィール
ガリぞう

北海道出身のパチスロライター兼パチスロ生活者。パチスロについての自作サイト運営から、漫画原作者およびライターに。漫画「プロスロ」は16年の長期連載。現在は実稼動経験と豊富すぎる知識に基づく勝ち方、打ち方で魅せる動画で多くの支持を集める。特にジャグラーに関して圧倒的なノウハウを持つ「ジャグ神」

Twitter
https://twitter.com/garizo2

2020年12/29[火]~2021年1/4[月]収支 稼働なし 合計 稼働日:0日

 

まずリアルタイムのお話をしておくと、ようやく腰痛から解放され、現場稼働に戻れつつあります。現場復帰後は約1週間で53時間ほど稼働し、6戦全勝で時給にして+164枚といつになく絶好調です。

(この模様は来月辺りの収支日記でお伝えしていきます。)

ただ、せっかく稼働のみ月間を自ら用意して内容も好調なのに、腰痛により月の上旬を丸々棒に振ってしまい、改めて健康は本当に第一なんだなぁと思います。

 

さて、今週は昨年の12月29日~2021年1月4日の1週間です。

とは言っても年の瀬により収録案件もなく、原稿の書き溜めや年末の伝票整理等に時間を取られ、全く稼働できておりません。そこで今週は、年の切り替わり時期が題材ですし、2020年を振り返りつつ昔を思い返し、現在との対比や今後の展望を考えてみます。昨年はどんな1年だったのか、まだ20代だった20年以上前のガリぞうはどんな稼働スタンスだったのかを振り返りながら今後に役立てていけたらと思います。

今週ばかりは自分語りとなってしまいますがご了承ください。

 

 

2020年を振り返って

 

上半期はコロナ禍で、下半期は演者業過多により稼働が激減した1年でした。日々の稼働で培った勝ち方を伝える一点突破でパチスロライター業を続けてきた私。

それだけに、2020年は礎としてきた現場稼働の時間を取れていない自分に自信を持てないままの1年間でした。ただ、2月と8月は丸1ヵ月稼働だけで過ごしてみて、内容・結果共に満足し今でもやれると確信も持てたので、こうした稼働のみ月間を2021年以降は増やしていこうと決められた1年でもありました。私も来年で50歳ですし、少しずつ稼働のみ月間を増やしていき、表舞台から遠ざかる方向で考えています。

 

そんな私が2020年にやらせて頂いたお仕事を紹介させてください。

 

 

プロスロ13

 

2018年から始まったAPチャンネルのYouTube動画シリーズで、不定期更新ながら2020年に最も増えたお仕事の1つです。紆余曲折ありながらも、私のやりたい事を最大限尊重してくれる、自由度の高いクライアントさんで感謝してます。今後も高設定を追う姿を見せながらも、定期的な稼働のみ月間で培った現場での逸話や考え方をお伝えしていけたらと思います。

 

 

ガリのり

 

本当はコロナ禍前から始まる予定だったJANBARI.TVで黒バラ軍団のリノさんとノリ打ちをする番組が昨年夏からスタートしました。3ヵ月に1回、丸々1ヵ月完休を頂く私の意向を汲み取って頂き、前倒して撮り溜めのスケジュールを組んでくださる臨機応変さに感謝してます。ノリ打ちで切磋琢磨しながらも、演者業に明るく今後も表舞台で頑張っていってくれるだろうリノさんに私の経験を受け継いでもらえるよう努めていきます。

 

 

ガリワサビ

 

隔月(奇数月)11日発売「スロマンV」の付録DVD内の番組で、ワサビさんと私のペアだからこそ可能な企画をこなしていく番組です。ガイドワークスを支持する読者さんの中では認知度が低い私を知ってもらう為に取り計らわられただろう良心的な企画の数々に申し訳なささえ覚えています。パチスロの攻略番組ではこの上ない相棒と共に、より良い映像を残せるよう今年も頑張ります。

 

また、演者業のみならず、執筆業でも忙しくさせて頂きました。

 

 

キタックジャグラーランド

 

2005年から足掛け16年続く毎週金曜更新のコラムです。私が各動画で話しているジャグラーネタのほとんどは過去に当コラムで書いた事のある話の復唱です。これからもメーカー公式サイトだから書ける深いネタを放り込んでいきたいです。

 

 

稼働録

 

辰巳出版運営の「パチ&スロ必勝本」で書かせて頂いている毎週月曜更新のコラムです。タイトルの通り、実戦記主体で稼働にまつわる私の思いを綴っています。攻略要素のみならず、パチスロ生活者の内面も盛り込んだ、タイトル通り私の稼働記録を生涯の作品として今後も残していきます。

 

 

プロスロ-NEXT-

 

「スーパーパチスロ777(竹書房)」で16年続いた私の自伝漫画で、今は出版社を変え「スロマンV(ガイドワークス)」で連載が再開されています。社会に適合できずパチスロで生活する者の思考を漫画で正直にお伝えしています。
世間と出版社が許す限り、生涯続けていきたいお仕事の1つです。

 

他、当収支日記含め、各出版社でも記名記事をちょくちょく書かせて頂いています。スケジュール的に厳しくお断りさせて頂いたお仕事が昨年は多数あり、各クライアントさんには申し訳なく思っています。今後も今まで以上に稼働主軸の生活を送っていきますので、受けられないお仕事も多々あるかと思いますがご了承ください。

読者様におかれましては、昨年よりも充実していくだろう当収支日記を含む現場稼働に基づいた私の実戦記をお楽しみ頂けたらと思います。

この記事を共有

いいね!する

2415
  • 1:2021-03-03 08:48:49呼び名によっては言うのはちょっと憚れる、というか恥ずかしい表現ってありますよね。人によっても違うのかもしれませんが、私はパチスロのことをスロットというのはカッコつけすぎているようで苦手です。同様にスロプロとかスロッターという言葉も実際の会話では使わないですね。がりぞうさんのいう「専業」も最近は「生活者」に変わってきているようですし、そういうのあると思います。それでは私のようなパチスロで遊んで負けている人間を何と呼ぶか。私は勝手にパチスラーと呼ぶようにしていますよ。
  • 2:2021-03-03 14:17:2921年前の貴重な文章ありがとうございます。文章の中にその時の気持ちや状況が分かりやすく綴られているのは、動画を見ているような引き込まれる物がありますね。パチスロ業界はこの先どーなって行くのか少し不安ですが、初志貫徹の精神は見習いたいと思います。

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る