【目押しサービス】いつの間にか姿を消した「揃えましょうか?」について解説!

【目押しサービス】いつの間にか姿を消した「揃えましょうか?」について解説! eyecatch-image
あしの プロフィール
あしの

「浅草に住むサブカル・ギャンブル系フリーライター。ペンネームの由来は4号機『バクチョウ(メーシー)』の主人公あしの君から。いろんな所でちょいちょい書かせて頂いております。

Twitter
https://twitter.com/Slot_Ashino

チワッスあしのです。

 

パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回は「目押しサービス」について。最近トンと見なくなりましたが昔って普通に店員さんがバンバン揃えてましたよね。なんで姿を消したんだろう。なんか法律的なアレか? 一緒に勉強していきましょう。どうぞ!

 

 

遊戯と遊技

 

業界豆知識 画像1

 

普通に生活していく上では全く必要のない知識ではあるのですが、実はパチンコやらパチスロを指す「ゆうぎ機」の「ゆうぎ」は「遊技」と書きます。「技」なんですね。大多数の国民は「遊戯」を想起すると思いますし、文意が伝わればそれでいいっちゃいいので、割とどっちでもいいと切り捨てそうになるのですが、実はこれが結構重要な事だったりします。

 

この「遊技」という単語はいわゆる風営法の中でそう記されている法令用語になります。「遊技機」「遊技設備」「遊技料金」「遊技球」「遊技メダル」など。風営法とその施行規則には「遊戯」という単語は一回も出てきません。明確に「遊技」と定義して規則を設けている。じゃあ「遊技」の意味はなんでしょう?

 

広辞苑によると遊技の意味は「遊びのわざ。遊芸のわざ」となっています。また大辞林では「遊びとして行うわざ(中略)勝負事」とあります。重要なのは「わざを使った遊び」ではなく「遊びのわざ」でして、主従でいうとわざの方が主なんですね。なので遊技場というのは「遊びのわざの場」であります。重箱の隅をつっつくようで申し訳ないのですが、主従が逆だったら「わざを使った遊びの場」となってしまい、遊びのほうが強くなっちゃいます。

 

なんでこんなコマけぇ事を言っとるのかというと、この「わざの場」であるというのが非常に大切でして、パチンコ屋さんが遊技の結果として賞品を提供するのが認められておるのは、わざが介在しておるから、なんですね。

 

パチスロは自分でボタンを押してリールを止めてますし、またパチンコはハンドルをクイクイやって球を飛ばしております。これがわざです。運否天賦の「遊戯」じゃございません。「客がわざを駆使してゲットしたメダル(球)である」というのがあるので、お店としても「おめでとうございます」といわんばかりに遊技メダルと賞品を交換できるという、そういう大大大前提があるんですな。ちなみに「賞品」も法令用語です。こちらも大辞林によれば「競技などで成績のよかった人や懸賞に当たった人などに与えられる品物」とあります。徹底して「わざを競った結果」のテイなんですな。

 

 

お店がわざを駆使しちゃ駄目駄目くん。

 

業界豆知識 画像2

 

ここまで読んでもうなんとなく理由は分かったかもしれませんが、お店による「目押しサービス」というのはその「遊びのわざの場」という基本事項におもっくそ引っかかるわけです。これはある時から駄目になったとかじゃなくて、最初っから駄目でした。が、ある時まではあんまりうるさく言われなかったようです。

 

実際筆者が初心者だった頃とかはボーナスを揃えるのに苦労してると普通に店員さんが飛んできて「揃えますよ」みたいにやってくれてましたし。ビギナーには非常に有り難いサービスでした。ボーナス揃ったらすぐ呼び出しボタン押すのがデフォのおじいちゃんとかも普通にいましたもんね。

 

ところがこれがある時期から「駄目」となりました。これも警察庁からの通達らしいのですが、具体的な文面は見つからず。時期に関してもソースがないのでなんとも言えんのですが、筆者が初めて目押しサービス禁止の一報を聞いたのが浅草に引っ越してきたばっかの頃だったはずなので、2014年とかそのくらいなのかもしれません。ある日いきなり目押しを断らなければならなくなったスタッフさんが平謝りしてるのを目撃して「なんかあったな」と思った次第。

 

で、なんで禁止になったのか……とかを当時も色々調べたのですが、結論として上の理由なんだなと理解。一方で新たに「客同士の目押しはどうなんだろう」という疑問が残りました。厳密に解釈するのであれば代打もNGのハズ。でもカップル同士の目押しとかは普通に行われてるわけで。これは見逃されておるのか、または店と無関係の第三者ならばOKという解釈なのか。後者であれば、代理店を通してコーヒーレディみたいな「目押しレディ」を配置すれば解決すんじゃねーかな、と思いました。ホールを通さずに無料サービスとして成立させる必要がありそうですが、背中に新台のPR写真とか貼ったりすればメーカー広告費から行けそうだったり……?

 

なんにせよ、目押し禁止は初心者の新規参入ハードルをあげる、ちょっとした阻害要因になってると思います。

 

 

業界豆知識 画像3目押しレディ、実用の際にはアイデア料ください

この記事を共有

いいね!する

35
  • 1:2022-02-17 07:46:21昔に比べボーナスが揃えられないお客さんが増えた気がしますね。それとも

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る