×

ガリぞうがマイジャグラー5のレアチェリー制御を解説!【収支日記#96:2021年12月28日(火)~2022年1月3日(月)】 (1/2)

ガリぞうがマイジャグラー5のレアチェリー制御を解説!【収支日記#96:2021年12月28日(火)~2022年1月3日(月)】 eyecatch-image

2021年12/28[火]~2022年1/3[月]収支 12/28★原稿 12/31★休日 合計 稼働日:0日

 

今週の収支日記は12月28日~1月3日の1週間です。2021年では唯一とも言える「パチスロに触れなかった1週間」でした。おかげで実戦記は書けませんが、過去の経験や最近の研究から得られた未公開の情報をコラムに交えていくつか紹介したいと思います。

 

 

12月28日:第7回ジャグラー質問箱

 

全ての出張仕事を終えて帰宅した日でした。とは言ってもゆっくりできず。2021年12月は過去イチに出張仕事の忙しい1ヵ月だったので、帰宅後も夜中までかかって事務作業や原稿書きに追われていました。どちらかと言えば年越しからのお正月はのんびりしたい派なので、歳またぎで仕事を残す事もありません。原稿は年末年始の分も含め、主にキタックジャグラーランドのコラムを前倒しで書いていたり。

 

そこで今回は久しぶりのジャグラー質問箱にしてみます。普段は何種類かの質問に簡潔に返答していますが、今回はツイッターに頂いた質問を1つだけに絞ってかなり深堀りしていきます。

 

 


 

[質問] チロルねこさん

 

「マイジャグV」にもピエロ睨みあるのでしょうか?

 

 

[返信]

 

結論だけで言えば「あります」。ただ、今回は出現パターンも成立フラグも多岐にわたるので、「以前同様にあります」とは言い難いです。

 

まず、ご存知ない方の為に、チロルねこさんが言われる「ピエロの睨み」についてお話していきます。端的に言えば、「順押しで左チェリー狙いしている時は中リール中段にピエロが止まると否GOGO!確定」というモノです。リールのド真ん中でピエロが睨みをきかせているのでペカらないという揶揄で、個人的に「ピエロの睨み」と命名させて頂いたのが7年前の2015年にメーカー公式サイト「キタックジャグラーランド」に掲載したコラムでの事。さらに3年後の2018年にAPチャンネルの動画「プロスロ91」のジャグラーガールズ実戦でもこの話をしてみると、思いのほか拡散力が強く、一気に情報が広まった感を覚えました。

 

また、アイムやガールズでは絶対にペカらなかったピエロの睨み目ですが、ゴージャグやファンキーではペカる事がありました。これはアイムやガールズに無くゴージャグやファンキーに存在するフラグが成立している証であり、それはレアチェリー重複BIGのみなので、ピエロの睨みからペカった場合はBIG確定になるというお話も動画で何度もさせて頂いてます。マイジャグラーVの場合、このピエロの睨みは5号機よりも豊富なパターンで出現します。

 

 

マイジャグラーV 連チェリー

 

まずは過去の睨みペカ同様に連チェリーから当たります。そして、

 

 

マイジャグラーV 睨みピエロ

 

これは5号機時代に存在しなかった「単チェからのピエロの睨みペカ」です。当然ながら5号機同様に何れもレアチェリー確定、つまりはBIG確定になります。

 

こうしてバリエーションが増えた理由も説明しておきます。5号機時代のマイジャグラーのレアチェリーは、ジャグビーが付いているチェリーのみ成立する「レアチェリーA」、そしてジャグビーのいないチェリーのみ成立する「レアチェリーB」という2つのフラグがありました。しかし、ファンキー2の解説回でお伝えした話と同様、今回のマイVもレアフラグで6種類あります。ファンキー2と同じく「ピエロ・7・リボンピエロ」の1枚役「レアP」が存在し、その同時成立の組み合わせで以下の6種類になります。

 

 

・レアA
・レアB
・レアP
・レアAP
・レアBP
・レアABP

 

この6種類のどれが成立するかで停止出目が変わってきます。

 


 

★レアA・レアB

 

レアA、もしくはレアBしか獲得できず、他を狙うと取りこぼしてしまいます。成立しているチェリーを狙えたとしても必ず中段に止まる訳じゃなく、角に止まる事もあります。この特殊制御が「ピエロの睨み・単チェver.」を生むと思われます。

 

また、チェリーが角に停止した場合、他のレアチェ搭載機種のように連チェを形成する事もあれば、普通にボーナス図柄が中段テンパイして通常チェリー重複と見分けがつかなくなる事もあります。取りこぼし時は5号機マイジャグラーシリーズの制御を踏襲していて、ベル・ピエロ取りこぼし目と別物の出目を形成します。BARを狙っても、揃う事もあれば「BAR・BAR・7」で停止してしまう事もあるので、完全に見抜くには難しい役になります。先ペカ中押し時の制御は、7を上段に狙うとそのまま上段にビタ止まり、7を中段に狙うと下段に落ちてしまいチェリー重複に気付けなくなります。可能なら先ペカ時は中押しで7を上段にビタ狙うべきですが、1コマ早く枠上に7を押してしまうと通常チェリー重複さえ見抜けなくなってしまうので、可能なら7上段、不安なら7を上段or中段狙いで良いと思います。

 


 

★レアAP・レアBP

 

獲得時は必ず角チェになり、必ず連チェリーを形成する、5号機のゴージャグやファンキーに近い制御になります。チロルねこさんもご存知の「ピエロの睨み・連チェver.」はこのフラグからになります。取りこぼし時の制御も似ていて、左のBARが枠上にビタ止まり(ブドウ・リプ・ブドウ)で1確になってみたり、上段BARから4コマスベってペカったり、BAR落としから枠下にBARが潜って小役がハズれてペカったりと、かなりゴージャグライクな制御になります。先ペカ中押し時の制御はレアA・レアBと同じで、5号機のような見抜きやすさはありません。

 


 

★レアABP

 

どの役を狙っても獲得できて、チェリーを狙った際は必ず中段チェリーになります。先ペカ中押し時はレアフラグの中で唯一通常チェリーと同じ制御になり、5号機同様に中リール上段or中段に7を狙えば7が中段に止まります。

 


 

★レアP

 

チェリーを狙う場所により取りこぼし出目が変化します。レアA・レアBの取りこぼし目を形成したり、レアAP・レアBPのようなゴージャグライクな出目になる事もあります。中押し時の制御はレアA等と全く同じになります。

 


 

以上、マイジャグラーVの「ピエロの睨み」の話題からレアチェリー制御の解説をしてみました。先々週のマイジャグラー詳解の回で説明しなかった理由はただ1つ、「設定差がないと思われるから」です。ここまで知っていても立ち回りへの影響はないので、あくまで遊技性の知識の1つとして携えて頂けたらと思います。

この記事を共有

いいね!する

157
  • 1:2022-03-29 14:04:43毎日パチスロの事だけ考えていた良い時代の想い出が蘇るようなとても楽しい日記でした。  打って、食べて、呑んで、少し寝たら又打っての良い時代だったなぁ(ホロリ
  • 2:2022-03-29 19:33:29年末年始は出す店と締める店が極端に分かれていたと思います。ただ、新規開店が多かったのもこの時期(降雪地域は違うのでしょう)、全体的に12月はいい印象です。パチプロは体力のある若い頃が一番高収入なので、当時はさぞかし楽しかったでしょうね。
  • 3:2022-03-30 12:17:19北電子に顔がきくって言っても マメにTwitterでも更新してればなれるレベルの顔がきくだよ そんな真剣に考えない方が良い 北電子はわりとユーザーに優しい企業です
  • 4:2022-03-30 12:55:55ジャグラー買うのにデータランプやホルコン買わされるとの話は
  • 5:2022-03-31 08:44:431でも甘いマッピー打つの期待してますよ ひやまっちよりビタ精度高いんですってね
  • 6:2022-03-31 11:51:32目押しに8周時間をかけたら精度はひやまっちを超えます
  • 7:2022-03-31 16:02:12マイ5を良く打つので興味深い記事でした。 レアチェリーは奥が深いんですね。 知って打つと知らないで打つでは全然違うんだろうなー 今度打つ時はぺかった時に出目も注意してみます。
  • 8:2022-03-31 17:06:17左リール角チェリー放置でペカった時は、経験上連チェリーしか形成してこなかったのですが、単チェリーを形成する事はあるのでしょうか?
  • 9:2022-04-01 09:29:21正直なところ、ジャグラーの動画は飽きましたね。色々レア役やらの説明があってもプラスの要素にならないわけですし。花火やガメラは(映像自体は)楽しめますが、設定狙いとしては後ろ向きの立ち回りでしょう。確定演出のないジャグで高設定を掴んだらブン回しというのも、別にやらなくていいんじゃないですか。高設定と確信した段階で一般客に開放し、最後に答え合わせをすればいいと思います。それなら体力も使わずに済みます。
  • 10:2022-04-03 19:26:276号機ジャグラーだけなってからスロットに対するやる気が起きません。 ベースも高いので長期的にみれば機械割は同じはずでずが、やはり50枚の差はデカく感じます。 ビッグ当たったとて250枚、持ち玉で増えればいいですがたいてい飲まれて追加投資、 気づけば何連させりゃトントンなんだろという戦い。 設定をツモれてないからというのもありますが、店自体も厳しくなりした。 よっぽどのイベントじゃないと設定なんかはいらない。 そしてツモれるのは店全体の1割程度。 パチンコなんか投資はかかりますが一瞬で一万発でたりします。 6号機は本当に時間ばかり費やされるし、リターンが少ない。 もうスロットはギャンブルじゃなく遊戯に成り下がったんだなとつくづく思います。 人生短くないです、たいして増えもしない遊戯に時間かけるのは無駄と感じませんか。 今のスロットはゲーセンのメダルゲームに興じる暇を持て余した老人達となんら変わらない気がするのです。 がりぞうさんはこれからのスロットどう考えますか? つまらなくても勝てればいいと思いますか。

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る