【6.5号機】まもなく登場!新しくなった6号機のルールについてふわっと解説

【6.5号機】まもなく登場!新しくなった6号機のルールについてふわっと解説 eyecatch-image
あしの プロフィール
あしの

「浅草に住むサブカル・ギャンブル系フリーライター。ペンネームの由来は4号機『バクチョウ(メーシー)』の主人公あしの君から。いろんな所でちょいちょい書かせて頂いております。

Twitter
https://twitter.com/Slot_Ashino

チワッスあしのです。

 

パチンコ・パチスロに纏わる「ふわっと理解している事」を個人的に調べて解説するこちらのコラム。今回はいよいよそれに準拠した機種が発表されはじめた「6.5号機」について。今はもう規則がコロコロ変わってる過渡期で覚えるのが大変ですが、改めて確認しましょう。どうぞ!

 

 

差枚になるよ!ゲーム数も伸びる!

 

現行機との大きな違いは有利区間の扱い

 

まず最初に現行機との変更ポイントについて。大きな違いは「有利区間」の扱いになります。特徴は大きくわけて2つ。有利区間が──

 

・差枚管理になった
・4000Gになった

 

これですね。まず上の「差枚管理」。この意味については以前書いたこちらの記事をどうぞ。実際の持ち込みが始まる前だったので「ネット上では様々な立ち位置の方々による様々な憶測がなされております!」とかだいぶ置きに行った感じで書いてます(笑) とはいえ内容自体はこの時とほぼ変わらず。投資分+2400枚までが認められる形になったので、純粋に差枚2400枚までのプラスが見込めるようになりました。

 

また現状では差枚カウントのリセットタイミングは「有利区間リセット」と同時に行われるようですが、まあちょっと考えただけでも「通常ゲーム(非有利区間中)に、有利区間突入とならないような打順あるいは停止位置で3000ゲームくらいゲフンゲフン」とか仕込める台とかが出てきてもおかしくないですし、とりあえず「差枚になった」という事実のほうがデカいです。

 

次に長さについて。これは4000ゲームとの事。現状よりも1000ゲーム長くなりました。3000ゲームの時点で既にゲーム数に引っかかったことはないのでこれに関しては上記の「差枚リセット」のためにとりあえず無制限にならんよう付けとる感じに見えます。

 

ちなみに前回話題になった適合試験の内容変更(3000ゲーム化)では「6.2号機」が登場。それがいきなり6.5に飛ぶのはどういう了見なんだと思うかもしれませんが、なにげに今新機種としてリリースしてる機種の中には既に「6.4号機」のものが出てきています。6.2号機との違いは「有利区間滞在時のランプ【表示の義務】の廃止」のみ。これ大事なのが「有利区間滞在時のランプの廃止」ではなく【表示の義務の廃止】だという点です。有利区間ランプ自体は禁止でもなんでもないので、付けたかったら付けても構いません。あったほうがユーザーが喜ぶと判断するメーカーはもしかしたら今後もつけるかも知れませんし、右へ倣えで一斉に廃止するかも。

 

どっちに転ぶかわかりませんが、要するに「義務じゃなくなって以降のルール」で型式試験を受けてれば、有利区間ランプがあろうがなかろうが6.4ですし、付いてる場合は6.2と6.4の違いは何もない。なので6.4に関しては声高に「6.4です!」とニュースリリースするほどのことじゃなかったので、特に話題にならずに切り替わった感じです。

 

 

6.3はどこいった!

 

6.3号機=スマートパチスロ用の規則

 

んで問題が6.3なのですが、去年の10月に開始されてる「スマートパチスロ」用の規則がこれにあたります。6.xの並びがカオス化しとるのはコレが原因ですな。スマートパチスロに関してはスムーズに行っとけばそろそろリリース情報が出てきてもおかしくない頃だったのですが延期に延期を繰り返し、未だ「納品目標」としてゴールポストが動いてる状態。従ってスマスロ用にとっぴされてた6.3よりも先に6.4が出ました。

 

去年の段階からスマートパチスロを6.3と呼ぶのはかなり変な感じがしてましたし、そのうち呼ばれ方が変わるだろうなと思ってたのでこちらの記事でも「便宜上6.3と呼ばれる」という単語を使ってます。が、もう一個飛ばして6.4がリリースされちゃったので、このまま6.3は永久欠番になる模様です。

 

ちなみにスマートパチスロは6.5と同じく有利区間の払い出しリミットに「差枚方式」を採用。んで次が大事なのですが「ゲーム数」の上限が「廃止」とされています。差枚方式とあわせて考えるとかなりゴニョゴニョできそうで夢も広がりそうな感じなのですが、まぁリリースされてみないとなんも言えんですな。

 

とりあえずそれより先に6.5です。このままいけば我々がホールで触れる6.5号機一発目になるであろう『Sキャッツアイ』の登場を待ちましょう。

 

本日は以上! なお、こちら「業界豆知識」では常時深刻なネタ不足につき随時質問募集中です。これ書けや! みたいなのがあればコメントにてリクエストをぜひおねがいします。ピンときたら「分かる範囲で」「ゆるく」解説いたします。よろしくお願いします。

 

 

業界豆知識 画像3スマスロ、年内に打てるかなぁ……

この記事を共有

いいね!する

22
  • 1:2022-04-18 12:50:17パチスロ機が常にゲーム数と出玉状況を把握していること自体で既に違和感を覚えるのですが、何か1.5号機みたくなってきましたね。2号機以降は抽選方式になったのではなかったのか。
  • 2:2022-04-20 09:13:175号機以降は、一つの役で一種類しかテーブルを選択できないことになりましたが、今はもうテーブル制御前提なのでしょうか。コントロール方式、もしくは完全なるビタ止まりというのはダメ?
  • 3:2022-04-24 21:09:52何号機に、成ろうがコメントされているかたは、利益がある人コメントで利益を‥受けているひとねコメント。

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る