【パチスロ甲鉄城のカバネリ】サミー6.5号機第1弾の「ツラヌキSPEC」って実際どうなの?実戦して見えたポイントをレビュー!

【パチスロ甲鉄城のカバネリ】サミー6.5号機第1弾の「ツラヌキSPEC」って実際どうなの?実戦して見えたポイントをレビュー! eyecatch-image

チワッスあしのです!

 

サミーさんの最新作「パチスロ甲鉄城のカバネリ」を導入に先駆けて試打させていただくチャンスをいただけましたので、僭越ながら実際に打ってみてどうだったかをレビューさせて頂きます!

 

今作は「有利区間終了時にSTからスタートする」という画期的なシステムを搭載。また通常時にST非突入のボーナスを引いても天井までのゲーム数やCZのストックなどがリセットされない仕様になっており、サミーさんはこれを「ツラヌキSPEC」と呼んでいます。特に前者に関してはこれが6.5号機であるというのを加味すると、例えば「2400枚+吸い込み分」のメダルを吐いたのちに再び出玉区間からスタートするわけで、その性能たるや近年の6号機とはちょっと毛色が違うものになっているらしく。レビューに際してはこの辺がポインツになりそう。

 

なんせ、詳しい内容に関しては判明次第「なな徹」でも公開していきますが、とりあえず実際に打ってみた感じなんかを項目ごとにレビューして行きたいと思います。

 

それではどうぞ!

 

 

出玉の粒は大きいけどそこまで敷居が高くないST機

 

S甲鉄城のカバネリ レビュースペック・ゲーム性

 

・有利区間終了時の挙動が今までにない

・擬似ボーナスとエピソードボーナスの比率は1:1

・エピソードボーナスは必ずSTに突入

・ボーナス初当たりは小役からのCZ経由がメイン

・STの期待枚数高め?(実戦上)

 

この機種を語る上で、まずは「ツラヌキSPEC」について評価せねばならんでしょう。これは上でも言いましたが、「有利区間が終了したあと、メイン出玉区間であるSTからスタートする」というもの。それにより2400枚プラス差枚分の壁をぶち破ることに成功しておるのですが、それよりも個人的には「通常時のST非突入ボーナスからは有利区間がリセットされない」という仕様が重要かと思います。とりあえず天井前にREG喰らって終了、みたいなのは発生しないので、それだけでもかなり打ち手に優しい仕様かと思われます。

 

次に感じたのが、STの期待枚数が高いっぽいぞ、という事。今回打ったのは設定6なんですが、3000Gの実戦中に1000枚OVERのSTが2度あり。最終的な差枚も大きくプラスになりました。そうなるとST確率自体が重そうなイメージですが、合算1/151のボーナスの1/2でエピソードボーナス(ST確定)かつREGに相当する「駿城ボーナス」からSTに突入するケースもあったことから、そんなに重い感じはせず。むしろ初当たりの50%でSTがついてくると考えると何だか甘そうに感じます。

 

また通常時のボーナス抽選は小役経由のCZからがメインであることもあり、引きが良ければ早いタイミングの当たりから大爆発、ということも十分に考えられる機械になっているように感じました。まあ50%の抽選に負け続けるとアレなんですけど、それでも天井は近づいてくるので。無駄引きナシ!

 

 

S甲鉄城のカバネリ エピソードボーナス

 

あとは曲がめちゃ良いのも印象的でした。この辺はまた下で語るとして、とにかく原作リスペクトがかなり効いてる機種なので、ファンの方は楽しみにしておいていいと思います。まだ稼働開始まで時間もありますし、気になる方は勉強がてら原作を観ちゃってもいいかも。サブスクにありますよ! というわけでこのカテゴリの評価は★5で間違いないと思います。やったぜカバネリ! 次!

 

 

3人のキャラを模したレア役が織りなす人間模様(?)にファン歓喜

 

S甲鉄城のカバネリ レビュー「演出」

 

・一般的なレア役は非搭載。代わりにメインキャラ3人を模した役を搭載

・キャラ役がひとつでレア役。ふたつで強レア役。みっつで……(不明)

・CZも3種。ボーナス枚数を決定する演出も3種

・STや上位ST等は原作エピソードを契機に切り替わる

・要するに世界観を超大事にしておる

 

 

S甲鉄城のカバネリ 美馬図柄

 

この機種はスイカとかチェリーのような一般的なレア役は搭載しておりません。代わりにキャラを模した図柄が各リールにあり、それが単独で(つまり小役揃いナシで)出現したらその時点でレア役となります。ちなみにキャラ名は「生駒(いこま)」「無名(むめい)」「美馬(びば)」の3人。上の写真は「美馬」役です。パチスロファンで生駒っていうと射駒タケシさんを思い出しますが、生きるって字の方の生駒です。

 

なおキャラ役は押し順の概念がある模様。ST中の(疑似)ボーナス当選もキャラ役経由が多いのですが、ナビがでるので出現率自体が上がっているようです。そしてキャラ役が2つ複合すると強レア役扱いに。3つ揃いのパターンもあると思われますが、今回の実戦では未確認でした。したがって恩恵も不明。

 

 

S甲鉄城のカバネリ カバネリアタック生駒

 

小役だけはなく、それぞれ期待度が違う3種類のCZも各キャラに対応。ST中のボーナスの枚数を決定する「カバネリアタック」も3種類あり、こちらは「生駒<無名<来栖」の順番で偉いようです。あとはゲームの全体的な流れなのですが、見せ方が非常に上手いなと感じました。通常時からSTに突入する際。またSTから上位STに入る際などはエピソードを経由する形になっており、出玉とともにエピソードが進行するという流れが出来ていました。この様子だと、エンディングは原作ファン感涙のものとなっておることでしょう。この辺は筆者もホールで1回くらい見てみたいなと思いました。

 

原作付きのパチスロはその世界観をどれだけパチスロと融和させるかが一番大事だと思っていますが、そういう意味ではこの機種は非常にポイントが高いです。というわけで★5つ! イエーイ!

 

 

ST中はパチンコ感あり。ボーナスは一撃大量獲得のケースも!

 

S甲鉄城のカバネリ レビュー「ST」

 

・「生駒」はほぼ200枚だが、「無名」から大量獲得のケースあり

・「美馬ST」までは普通に行く

・「裏美馬ST」突入の鍵となる「無名回想」はまあまあ惜しいケースあり

 

ST中の演出は消化ゲームごとに演出が切り替わるパチンコライクな作り。基本は連続演出メインですが、ラスト付近は即告知となっておりました。また時折ゲーム数の減算がストップする「双嵐の刻」なる特殊ステージに突入。実戦上は突入=当たりだったのでただの前兆演出である可能性も否定できませんが、この辺は詳しい解析待ちです。

 

なおSTは3種類。普通のSTと上位STである「美馬ST」、そして最上位STである「裏美馬ST」です。んでこの「裏美馬」は獲得期待度3500枚とのことで、この数字は「2400枚」+「差枚」+「リセット後のST」の総数だと思われますが、とりあえずこの突入の成否を分ける「無名回想」がこの機種一番の叩きどころだと思われ。今回の実戦のケースでは70Gで全4エピソード中の3までクリアできたので、100Gを引ければそこそこチャンスがあるんじゃねぇかなと思いました。まあ例えば最後のエピソードだけやたら成功率が難しかったりとかがあって、全然惜しくなかった可能性もありますが。

 

実戦上「無名回想」の突入契機であるST中のエピソードボーナスは2度。3000Gで2回あったので、全然こねぇ!というわけでもなさそうです。

 

 

S甲鉄城のカバネリ 無明回想

 

んで最終的な★の数ですが、システム的な大前提として「ST」っていうのが引っかかる方もおられるやも知れません。かくいう筆者もパチンコのSTすげー苦手なので分かります。あと単純に「ST中は出玉が減る」というのも痛し痒し。まあ規則の範囲で作るとこうなるのは分かるのですが、自信をもって満点! と言えないのも事実なので、ここは申し訳ない、★4で!

 

 

曲が良い!とにかく曲が良い!めちゃいい!効果音もええ!

 

S甲鉄城のカバネリ レビュー「曲・効果音」

 

・メインテーマが有名だけど全曲よかった

・SEも不気味な感じでよし

・違和感演出との相乗効果で世界観を表現

 

記事では伝わりにくいのは分かってますが、これ原作でも曲の人気がすげー高いので触れないわけにはいかぬ。というわけで急遽「曲」のカテゴリに変更。本来なら「立ち回り・攻略面」ってする所なのですけどもね。あとSEというか、各種効果音も世界観にピッタリな感じがしました。原作は一応「ゾンビもの」にカテゴライズされるんですけども、その辺の不気味さとかをうまいこと表現してあると感じました。

 

また、ちょっと曲そのものとは離れるのですが、連続演出中にボタンフリーズが発生したりパネル消灯があったりと、違和感演出がちょいちょい見受けられました。この辺も異様な世界観みたいなのとリンクする部分なんですが、パチスロという枠組みの中でどうにかして原作をリスペクトしようという気概が見えた次第。それとSEと曲が組み合わさることで、演出の完成度は想像のひとつ上の段階にあるなと。こういう努力って筆者は凄い好きなので、ここは★5つにさせてください。

 

 

すげー高評価になってしまった。けどマジでオススメ。

 

S甲鉄城のカバネリ レビュー「オススメ度」

 

あ、ヤバい。ほとんどのカテゴリが★5つになってしまった。けどこれはもう仕方ない。パチスロとしても面白いし出玉性能も完備。かつ新しい事にもチャレンジする姿勢もあるし、丁寧に作られてるし。しいて言えばSTってシステムそのものへの得手・不得手があるくらい。なのでこれは結構本気でオススメの機種になります。ただ原作を観てないひとにとっては演出面でマイナスが付くかもしれんので、但し書きで「原作観てない人は-1」とします。観てるなら5でいいと思います。

 

いやー、あんまり満点乱発したくないんだけども、これは仕方ない。だって面白かったんだもん。

 

以上! 詳しい数値上の情報などは、今後判明し次第「なな徹」でも公開していきます。また実戦に合わせて設定6の3000G試打も行いましたので、それもまた別の記事でご紹介しますね。というわけでサミーさん期待の新作『パチスロ甲鉄城のカバネリ』のレビューはここまでとします!

 

>>「パチスロ甲鉄城のカバネリ」の解析情報はこちら

 

 

今回のレビュー結果

 

S甲鉄城のカバネリ 総合レビュー表

 

 

パチスロ甲鉄城のカバネリ 画像11普通にこれホールで打ちたい

この記事を共有

いいね!する

31
  • 1:2022-08-06 11:39:33設定6しか面白く無いのがなぁ。。 低設定はまずCZが重い、特に美馬は実践上3000分の1程度。 ゲーム数解除もかなりひどくてST抜け後です、100ゲーム台は2割抵度、300ゲーム内は4割を切る、二回目以降に関しては1割程度で9割は400ゲームを越えるかなりキツイ仕様。 兎に角低設定は金がかかる。
  • 2:2022-08-06 11:52:16後明らかに公平な1対1じゃないもの印象悪いですよね。 初回のEP比率明らかに50%切ってますからね。

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る